中国人から見た日本の男性像・・・浮気し放題だが、洋式トイレでは座り小便をする!

中国人から見た日本の男性像・・・浮気し放題だが、洋式トイレでは座り小便をする!

異郷の地に移住したとき、最初は右も左も分からない状況だが、時間の経過とともに現地に存在するさまざまな「見えないルール」が見えてくるものだ。日本で暮らすようになった中国の人たちも、日本に存在する「見えないルール」の数々に気付き、驚く経験をしてきたことだろう。中国メディア・今日頭条は11日「日本社会にある、12の見えないルール」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 異郷の地に移住したとき、最初は右も左も分からない状況だが、時間の経過とともに現地に存在するさまざまな「見えないルール」が見えてくるものだ。日本で暮らすようになった中国の人たちも、日本に存在する「見えないルール」の数々に気付き、驚く経験をしてきたことだろう。中国メディア・今日頭条は11日、「日本社会にある、12の見えないルール」とする記事を掲載した。

 最初の6つは「日本の職場では、8時始業であれば15分くらい前に出社して準備を行い、8時に仕事が始められるようにする」、「日本の女性は夫の浮気を容認するどころか奨励さえする」、「一家に娘が3人いると、嫁入りにかかる費用で破産する」、「日本の治安が良すぎるため、日本人は騙されやすい」、「性風俗産業が発達しているのに、街で手を繋いだりキスしたりするカップルが少ない」、「夫がお金をすべて妻に預ける」というものだ。

 始業時間については全くもってその通り。お金をすべて妻に預け、夫の小遣い制を採用する家庭も確かに少なくないだろう。街で人目もはばからずイチャつくカップルは以前に比べて増えたような気がするが、中国に比べるとまだまだ大人しい印象かもしれない。しかし2つ目の「妻が夫の浮気を容認し、奨励する」という点は、正しい認識とは言い難い。あるネットユーザーも「日本人の知り合いがいるが、絶対そんなことはありえない」と否定しているが、このイメージを理由に日本人と結婚しようと思うなら、考え直した方がいい。

 後半の6つは「日本ではどこの学校を卒業したかが重視される」、「割り勘主義である」、「家の外に不要な家具をメッセージ付きで置いておくと、必要な人が持って行く」、「企業が融資をしてくれる銀行探しに奔走するのでなく、銀行が企業に融資を売り込む」、「日本では財布を無くす心配がない」、「日本では半数の男性が洋式便所に座って小便をする」である。

 銀行については、中小企業をはじめとする日本企業が中国の会社のようにやみくもな事業拡大をしないことが背景にあると説明している。男性の座り小便については「男性の退化」と紹介しているが、洋式便器で立小便をすると飛び散りが思った以上に激しいことが大きな理由だろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 これ以上美味いものはない! 元留学生の中国人が忘れられない日本の味とは?=中国メディア 中国人が日本の自動改札機を見て驚いた! ずっと開きっぱなしじゃないか!=中国メディア 日本の街を走る自動車を見た中国人は、みんな恥ずかしい思いをすることになる=中国メディア