中国人の生活は日本製品なしでは成り立たない! 中国人なら誰もが持つ「あれ」も同様=中国報道

中国人の生活は日本製品なしでは成り立たない! 中国人なら誰もが持つ「あれ」も同様=中国報道

中国ではすべての国民に「居民身?証」が発行されている。これは中国人が中国国内で自分の身分を証明する際に用いるが、銀行口座開設、結婚届、マンションの購入、また長距離バスに乗車する際などの様々な場面で必要とされ、これがないと何もできないと言われるほど重要な証明書だ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国ではすべての国民に「居民身?証」が発行されている。これは中国人が中国国内で自分の身分を証明する際に用いるが、銀行口座開設、結婚届、マンションの購入、また長距離バスに乗車する際などの様々な場面で必要とされ、これがないと何もできないと言われるほど重要な証明書だ。

 現在の中国人が所有している居民身?証は「第二代居民身?証」と呼ばれる。これは非接触型ICカードであり、第一代との違いは偽造防止のための情報デジタル化技術と印刷技術を採用している点にある。第一代居民身?証は2013年1月1日をもって使用できなくなった。

 居民身?証はあらゆる中国人にとって極めて重要な身分証明証なのだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の第二代居民身?証が「日本企業の設備によって印刷されている」という話があることを紹介し、「これがデマか真実か」を論じる記事を掲載した。

 記事は、第一代居民身?証から第二代への切り替えにあたり、まず試験導入を行った6つの都市では居民身?証の製造に日本企業の印刷設備が使用されたと紹介。その後も第二代居民身?証は「日本の製品によって印刷されている」としたうえで、この話は「真実」であったと紹介した。

 また日本企業の印刷設備が使用された理由について、第二代居民身?証が採用しようとしていたデジタルカラー印画技術において、日本企業のプリンターは他のすべてのメーカーよりも「ずば抜けて質が高かったため」であると紹介する一方、第二代居民身?証の製造を日本企業に丸投げしたのではなく、ただ日本企業の設備を買い取って印刷したということであり、中国国民の個人情報が日本企業に漏洩するということは生じていないと論じた。

 この記事に対して、中国ネットユーザーから寄せられたコメントの中で最も多くの支持を集めたのは「中国人の生活は日本製品なしでは成り立たないということだ。中国製品の基幹技術も日本製であることが多い」というコメントだった。一部報道によれば、第二代居民身?証の印刷技術に対する中国政府の要求は非常に高く、特に色の飽和度と安定性の面で高い要求があったようだ。また身分証を作るコストの点においても歩留まりの高いプリンターが求められたという。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)