台北市が日本の樹木ドクターを招聘・・・公園の木々が健康に、景観もより美しくなった!

台北市が日本の樹木ドクターを招聘・・・公園の木々が健康に、景観もより美しくなった!

公園や道路脇に植わっている様々な種類の樹木は、市民に安らぎを与えてくれる。その美しい景観や、木々の健康を保つためには専門家や作業者たちの努力が欠かせない。このほど、日本の専門家が持つ技術やノウハウが台湾で生かされたようだ。台湾メディア・Nownwesは17日、台北市が日本の樹木ドクターを招いて公園の樹木のメンテナンスを行ったことを伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 公園や道路脇に植わっている様々な種類の樹木は、市民に安らぎを与えてくれる。その美しい景観や、木々の健康を保つためには専門家や作業者たちの努力が欠かせない。このほど、日本の専門家が持つ技術やノウハウが台湾で生かされたようだ。台湾メディア・Nownwesは17日、台北市が日本の樹木ドクターを招いて公園の樹木のメンテナンスを行ったことを伝えた。

 記事は同市にある大安森林公園の樹木の健康を守るため、同市公務局公園処などが日本の樹木ドクターを招聘し、樹木管理に関する指導をしてもらったことを紹介。より専門的な剪定を行うことで、樹木の形態保護、公園の美観向上とともに、周辺環境の安全リスク低下につながったとしている。

 同処の黄立遠処長は「樹木が密集しすぎて発育不良を起こしていた。外観も良くないし、長期的に見た樹木全体の成長にも悪影響だ。そこで今回日本の樹木ドクターを呼んで、樹木のメンテナンスについての知識を伝授してもらった。ドクターも自ら剪定してくれ、樹木のメンテナンスが一体どのような作業なのかを市民に理解させてくれた」と語った。

 同市では台湾全土に先駆けて正しい樹木のメンテナンスを提唱し、日本の専門家の指導を受けて市街地の樹木の安全や健康を守るとともに、市民により優れた緑化環境を提供するよう取り組んでいるという。

 日本の経験や技術が国外で認められるのは、日本人としてやはり誇らしい。同時に、日本でもさらに樹木や自然の景観を愛し、保護する意識を高めなければという思いにもなるのである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 日本の街を走る自動車を見た中国人は、みんな恥ずかしい思いをすることになる=中国メディア これ以上美味いものはない! 元留学生の中国人が忘れられない日本の味とは?=中国メディア 日本にも韓国にもいるホームレス、でも両者には決定的な違いがあった! =中国メディア