一人焼肉に一人カラオケ・・・独り身にとても優しい日本=中国メディア

日本の「一人焼肉」「一人カラオケ」に中国人が驚き ネット「孤独者にとっての天国」

記事まとめ

  • 今日頭条は「日本は安心して独り身でいられる場所だ」とする記事で一人焼肉など紹介
  • 飲食店以外にもカラオケなどの娯楽施設で1人利用が増えていることを挙げている
  • 中国のネットユーザーからは「日本は孤独者にとっての天国だ」との声も

一人焼肉に一人カラオケ・・・独り身にとても優しい日本=中国メディア

一人焼肉に一人カラオケ・・・独り身にとても優しい日本=中国メディア

日本には、1人で気軽に入れる飲食店がたくさんある。独身者の割合が高まるにつれ、各業界が「おひとり様」の客層を重要なターゲットとみなした結果と言えるが、1人で入れる店やその種類に多さに、少なからぬ中国人が驚くようである。(イメージ写真提供:123RF)

 日本には、1人で気軽に入れる飲食店がたくさんある。独身者の割合が高まるにつれ、各業界が「おひとり様」の客層を重要なターゲットとみなした結果と言えるが、1人で入れる店やその種類に多さに、少なからぬ中国人が驚くようである。

 中国メディア・今日頭条は21日、「日本は安心して独り身でいられる場所だ」とする記事を掲載した。記事は、日本で若者の独身率が高まっているとしたうえで、この現象と日本特有の「人に優しいサービス」が相まって、独身者が生活をエンジョイできる環境が整っていることを紹介。最初の例として、「カップルを目の当たりにして知らず知らずのうちにダメージを受けることのない、1人客専用の飲食店」があり、焼き肉でさえ人目をはばからず1人で静かに楽しむことができると伝えている。

 また、飲食店以外にもカラオケなどの娯楽施設で1人利用が増えていることを挙げ、「独身者を保護するため、日本には1人専用のカラオケボックスが存在する。豪華な部屋で独身者の心情を綴った歌を歌えば、さぞや気持ちいいことだろう」と説明した。

 さらに、単身者向けのアイデア商品として、映画館に行かなくても、自分の部屋にいながら映画館並みの迫力で映画が楽しめる箱型のグッズを紹介。これなら映画館でイチャつくカップルに集中力を削がれることなく映画鑑賞に専念できるというわけだ。

 記事を読んだ中国のネットユーザーからは「これは実に素晴らしい」、「日本は孤独者にとっての天国だ」、「いいよね。中国じゃ1人で焼き肉やカラオケに行こうと思っても気まずいもの」、「独身こそ実はベストの状態」といったコメントが寄せられた。また、「夫や子どもがいても、ときどき1人で過ごしたいと思うことがある」といった、非独身者からの意見もあった。

 中国ではさまざまな事情により、特に男性を中心に若者の独身者が増えている。食事は大人数で賑やかに食べるのが基本の中国ではあるが、今後「おひとり様」ニーズが高まることで、日本同様に1人焼き肉や1人カラオケの出来る場所が急速に増えるかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 日本の街を走る自動車を見た中国人は、みんな恥ずかしい思いをすることになる=中国メディア 日本にも韓国にもいるホームレス、でも両者には決定的な違いがあった! =中国メディア  日本の何気ない農村風景に、中国人が興奮「まるでリゾート村ではないか!」=中国メディア