日本はかつて中国を師と仰いだ・・・今は中国人が日本から学ぶべき=中国報道

日本はかつて中国を師と仰いだ・・・今は中国人が日本から学ぶべき=中国報道

日本はこれまでの歴史上、中国から数多くを学んできた。日本に存在する様々な文化が中国から持ち込まれたものであることが、その学習の証拠と言えるだろう。だが、近年は日本を訪れた中国人の多くが「中国は日本から学ぶべき」と口にするようになった。(イメージ写真提供:123RF)

 日本はこれまでの歴史上、中国から数多くを学んできた。日本に存在する様々な文化が中国から持ち込まれたものであることが、その学習の証拠と言えるだろう。だが、近年は日本を訪れた中国人の多くが「中国は日本から学ぶべき」と口にするようになった。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本が中国を師と仰ぎ、学んできたことは周知の事実」であると伝える一方、現代においては日本のほうが中国より進んでいる点が数多く存在するとし、「中国人が日本から学ぶべきこと」について論じる記事を掲載した。

 記事は、「中国人が日本から学ぶべきこと」は主に、日本人の「自律の精神」であるとし、日本人は誰かに管理されなくても「自らを律し、自発的にルールを守ることができる」と伝え、日本では中国のように赤信号を無視して道路を横断する人はほとんど見られないと指摘。また、整然とした交通状況こそ、日本人の自律の精神が体現された存在であると論じた。

 さらに、公共の場所での禁煙が進む日本では「皆、決められた場所でタバコを吸っている」とし、喫煙ができない場所でタバコを吸い、吸い殻をポイ捨てする人はほとんどいないと指摘。また、多くの中国人が驚く「ゴミ箱がない」ことも挙げたうえで、「ゴミ箱がないのにゴミが落ちていない」というのはやはり驚き以外の何物でもなく、これも日本人の自律の精神があってこそだと指摘した。

 中国のネット上でも「中国が日本に学ぶべきことは多い」という声は少なからず存在する。このような声は中国人が自分たちを客観視し、至らない点を認識できていることを意味するものであり、成長には必要不可欠な視点だと言える。このような視点を持つ中国人が増えれば増えるほど、中国は経済面のみならず、社会面でもさらに成長するのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】 訪日した中国人は「目の前の日本」と「失われた20年」を結びつけられない=中国 日本が崩壊中の国? 中国人は日本の本当の実力を知るべきだ=中国報道 泣きたくなってきた・・・日本人と中国人の生活の質はこんなに違う=中国