日本は確かに清潔だ! だが「分別などしない方が効率的だ」=米華字紙

日本は確かに清潔だ! だが「分別などしない方が効率的だ」=米華字紙

日本を訪れる中国人旅行客の多くが、日本の街中の清潔さに驚くが、その清潔さを保つためには様々な努力がある。中国を訪れたことのある人ならば分かるだろうが、中国はお世辞にも清潔とは言えない状況だが、日本の清潔さに感銘を受けた中国人は「中国を清潔にするために日本のやり方を参考にすべき」と口にする。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる中国人旅行客の多くが、日本の街中の清潔さに驚くが、その清潔さを保つためには様々な努力がある。中国を訪れたことのある人ならば分かるだろうが、中国はお世辞にも清潔とは言えない状況だが、日本の清潔さに感銘を受けた中国人は「中国を清潔にするために日本のやり方を参考にすべき」と口にする。

 米国の華字紙・多維新聞はこのほど、日本を訪れた中国人は「日本の清潔さに驚愕する」と伝えつつ、その清潔さを維持するためにはゴミ分別をはじめとする大きな代償を払っていると紹介し、「中国人にとって日本のやり方は参考にならない」と論じる記事を掲載した。

 記事は、日本の「驚くほどの清潔さ」の背後には厳しいルールがあり、その1つがゴミの分別だと指摘。日本ではゴミを捨てるにあたってはゴミの材質ごとに分別し、分別したゴミを指定された収集日に出す必要があるとし、一部では「中国でも日本のように、子どもの頃からゴミ分別の重要性を教え込む必要がある」という声があると伝える一方、「日本のやり方を参考にする必要はない」と主張した。

 その理由として、「ゴミ分別はあくまでも資源のリサイクルが主な目的であり、人の時間も資源と見なせばゴミ分別は時間という資源の浪費だからだ」と主張。さらに各家庭でゴミを分別するよりも、全てをまとめて運搬し、工場で分別したほうがコスト的にも効率的にも良いのではないかと論じた。

 さらに、中国の家庭は共働きが一般的であり、ゴミ分別に割く時間などないとし、「出勤の際にゴミをまとめてゴミ箱に捨てるという習慣は欠点ではなく、むしろ高い効率をもたらす」と指摘。日本の街が清潔なのは「日本人の民度が高く、清潔さを維持するためにそれだけの代価を払っているため」であるとし、それは非効率的であると主張。したがって、中国は日本のやり方を参考にする必要はないと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)