あれも、これも日本を象徴する存在に・・・わが国が起源なのに=中国報道

あれも、これも日本を象徴する存在に・・・わが国が起源なのに=中国報道

日本には中国に起源を持つ文化が数多く存在する。元々は中国の事物であったものの、長い時間をかけて日本で発展を遂げ、日本を代表する文化になったものも少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

 日本には中国に起源を持つ文化が数多く存在する。元々は中国の事物であったものの、長い時間をかけて日本で発展を遂げ、日本を代表する文化になったものも少なくない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国の文化でありながら、日本に奪われ、そして日本を代表する存在となった文化は数多く存在する」と主張する記事を掲載した。

 過去の中国は周辺国に大きな影響力を持っていたため、日本を含めた周辺国に広く中国の文化が伝わったのであり、日本が中国から文化を奪ったわけでないのは言うまでもない。だが記事は、「日本が中国から奪った文化のなかには、日本を象徴する存在になったものも少なくない」とし、その例として畳や和服、相撲、芸妓、下駄、京都、桜、茶道などを挙げた。

 たとえば畳については「もともとは漢王朝のころの中国に起源を持ち、隋や唐の時代に最盛期を迎えたが、唐の時代以降に中国では廃れたものだ」と主張。また、和服についても呉や唐の時代の服装の影響を強く受けているとしたほか、日本の国技である相撲についても南北朝時代から南宋時代にはすでに中国で同様の競技が「相撲」と呼ばれていたと論じた。

 また、京都が「洛」と呼ばれることがあるのは、北魏や晋、隋、後唐などの王朝が首都とした洛陽を模倣した都市だからだと主張、今や京都は観光都市として、世界にその名を轟かせる存在であることを伝えた。また、日本を象徴する花とされることも多い桜についても「中国が原産地である」と指摘した。

 こうした事物はいずれも「中国に起源を持ちながら、中国では廃れたか、あるいは中国を象徴する文化にはならなかった」にもかかわらず、今日では日本を代表する文化として、世界で広く認知される存在になったと悔しさを滲ませつつ伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)