高いブランド力と技術力、中国企業が日本企業の買収を狙うわけ=中国報道

高いブランド力と技術力、中国企業が日本企業の買収を狙うわけ=中国報道

中国の投資ファンド「金沙江創業投資基金(GSRキャピタル)」が日産の子会社で、オートモーティブエナジーサプライ(AESC)を買収することで協議を行っていると一部メディアが報じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の投資ファンド「金沙江創業投資基金(GSRキャピタル)」が日産の子会社で、オートモーティブエナジーサプライ(AESC)を買収することで協議を行っていると一部メディアが報じた。

 これについて、中国メディアの一財網は30日、中国企業が日本企業の買収に大きな興味を示すのは、日本企業のブランドと技術力を高く評価しているためだと伝える記事を掲載した。

 AESCは日産自動車が51%、NECが42%、NECエナジーデバイスが7%の株式をそれぞれ保有しており、日産の電気自動車(EV)「リーフ」に搭載されるリチウムイオン電池などを生産・販売している企業だ。

 記事は、日産は近年、事業構造の調整を進めており、系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイの売却をすでに発表しているほか、三菱自動車の買収を通じて東南アジア市場への攻勢を進めていると紹介した。GSRキャピタルはAESCの買収についてノーコメントの姿勢を貫いていると伝える一方、

 続けて、GSRキャピタルは近年、超小型EVメーカーやリチウムイオン電池メーカーに相次いで投資を行っているとし、AESCの買収協議もこの一連の投資ポートフォリオと関連のあるものだと指摘。中国のEV市場の将来性を有望視する見方がある一方で、自動車向けリチウムイオン電池市場の競争は非常に激しいとし、GSRキャピタルはAESCの買収によって先進的なリチウムイオン電池の生産に関わるノウハウを手にしたい考えだと伝えた。

 さらに、GSRキャピタルのAESC買収が合意に達するかどうかはまだ不明だとしながらも、「中国企業が日本企業の買収に関心を示すのは、日本企業のブランド力と技術力を高く評価しているためだ」とし、中国資本の競争力強化に伴い、今後はさらに買収が増える可能性があることを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)