日本人の日常生活に関心、「日本人の暮らしってどういう感じ?」=中国

日本人の日常生活に関心、「日本人の暮らしってどういう感じ?」=中国

アジアの隣国同士でありながらも、日本と中国の相手国に対する理解には現在も大きな溝があると言える。しかし中国の著しい経済発展に伴って、多くの人が両国を行き来するようになっている現在、中国では日本に対するさらなる理解に向けて関心が高まって来ているようにも見える。(イメージ写真提供:123RF)

 アジアの隣国同士でありながらも、日本と中国の相手国に対する理解には現在も大きな溝があると言える。しかし、中国の著しい経済発展に伴って、多くの人が両国を行き来するようになっている現在、中国では日本に対するさらなる理解に向けて関心が高まって来ているようにも見える。

 中国メディアの快報はこのほど、「経済強国である日本の一般人の生活」を紹介する記事を掲載し、複数の写真とともに日本人のごく一般的な生活を伝えている。

 記事は、日本について「資本主義の国のうち、最も発達した国の1つ」であるとし、日本人の生活の質は高く、幸福度も高いと主張。さらに、この島国で暮らす約1億2700人の人びとの生活がどのようなものかを写真と共に紹介した。

 続けて、日本の一般家庭における家の中の写真を掲載し、「日本では街の中のみならず、当然のごとく家の中も衛生的に保たれている」とし、日本人が家の中で床に座ってくつろぐ様子を紹介。中国人では一般的に玄関で靴を脱ぐ習慣がないので、家の中でも決して床に直接座ってくつろぐことはない。また、日本の家庭では妻が夫の言うことに従い家を守り、子どもは両親で教育するのが最もよく見られる家庭の状態としている。

 また、日本人の勤勉ぶりは名高いと伝えつつ、日本人のビジネスマンの仕事におけるプレッシャーは大きく、よく働くゆえに「家に帰ってソファーでそのまま寝てしまうほど疲れる」と紹介。また、白髪の年配者が現役で働く光景も日本では珍しくないと紹介した。中国では自営業の人を覗き、白髪の高齢者は敬うべき存在であるため、働く姿を見ることはほとんどない。ゆえに、中国人にとって日本の高齢者がアルバイトとして働いているのは、驚きの光景に映るのだろう。

 記事が紹介していることは、日本人からすれば何ら珍しいことではない。それでもわざわざ写真を掲載しながら紹介しているのは、中国の人びとがそれだけ日本人の日常生活に関心を抱いているという証拠だろう。これから少しずつでも両国の本当の理解が深まっていくことを期待したいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)