なぜだ! 日本やドイツは優秀なエンジンを作れるのに「中国ができない理由」=中国報道

なぜだ! 日本やドイツは優秀なエンジンを作れるのに「中国ができない理由」=中国報道

自動車にとってエンジンは心臓部に当たる重要な部品だ。近年、中国車の品質が向上しているとされるが、エンジンそのものの競争力は依然として低いままだ。(イメージ写真提供:123RF)

 自動車にとってエンジンは心臓部に当たる重要な部品だ。近年、中国車の品質が向上しているとされるが、エンジンそのものの競争力は依然として低いままだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、エンジンは自動車全体の品質を左右する部品であり、良いエンジンは乗り手にすばらしい体験をもたらしてくれる自動車の心臓部であると伝える一方、「なぜ中国は優れた自動車のエンジンを作れないのか」と嘆く記事を掲載した。

 記事は、自動車市場を見渡してみれば「良いエンジンとされるのは、その大半が日本かドイツのメーカーのもの」であると指摘、中国メーカーもエンジンそのものは生産できるようになってきているものの、日独のエンジンと比べると「大きな差があるのが現状」と論じた。

 続けて、エンジンと一口に言っても、その差はあらゆる点に存在するとし、金属加工の技術力やエンジンに使用される部品の精度と品質に大きな差があると指摘、こうした差がエンジンの燃費や騒音、動力性能などに差をもたらすと論じた。

 また、エンジンの組み立ての精度も「日独には敵わない」とし、日系車のエンジンは「中国人が分解して再度組み立てると、性能が大幅に落ちてしまう」と指摘し、非常に高い精度で組み立てられているため、分解するとその性能を再現できなくなってしまうのだと主張。

 そのほか、日本とドイツには優れた部品メーカーが数多く存在し、部品メーカーが長期にわたって安定した品質の部品を自動車メーカーに供給できる体制があることも、日独の自動車メーカーが優れたエンジンを開発できる要因の1つではないかと主張。また、中国メーカーが日常のニーズを満たすだけの車作りを行っているのに対し、日独のメーカーは自動車を「芸術品」として扱っているとし、こうした考え方の差も「日独と中国車の差につながっている」とした。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)