日本の清潔さに対し、中国人が「日本人は恐ろしい」と考える理由=中国報道

日本の清潔さに対し、中国人が「日本人は恐ろしい」と考える理由=中国報道

中国人から見れば、日本の街中にはゴミ箱がないのに、ほとんどゴミが落ちておらず、その清潔さは大きな驚きと映るという。日本人は「綺麗好きな民族だ」などと主張する中国人も少なくないが、中国メディアの捜狐はこのほど、「日本の清潔さや小綺麗さは決して表面的なものではない」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人から見れば、日本の街中にはゴミ箱がないのに、ほとんどゴミが落ちておらず、その清潔さは大きな驚きと映るという。日本人は「綺麗好きな民族だ」などと主張する中国人も少なくないが、中国メディアの捜狐はこのほど、「日本の清潔さや小綺麗さは決して表面的なものではない」と論じる記事を掲載した。

 記事は、日本では車が通り過ぎてもゴミが舞い散るどころか、「チリやホコリが舞い散ることすらない」と指摘。澄んだ空気、清潔な公衆トイレ、安全な飲用水、小綺麗な格好の日本人など、日本の清潔さについて、一部の中国人は驚きとともに「日本人は恐ろしい民族」だと主張すると紹介。

 つまり、中国人が「日本人は恐ろしい民族」と主張するのは、一部の人だけが取り組んだのでは到底実現できない「社会全体」としての清潔さを、日本が実現できていることに驚嘆しているということだ。

 続けて、日本が清潔で小綺麗な理由について、まず「日本人は食べ歩きをしない」ことを挙げている。確かに日本では「立ったまま食べることは行儀が悪いこと」と認識されているが、中国ではどこで何を食べても咎められることはない。また、中国では「ひまわりの種」などの種子類がおやつとして親しまれているが、こうした種を食べた後の殻をその場に捨てる人は多い。

 また記事は、日本人はそもそも綺麗好きであり、その証拠に日本人が毎日風呂に入る習慣があり、服も毎日着替えることを指摘。社会全体を清潔に保つための習慣やルールは幼少の頃から道徳の一環として教え込まれていると指摘し、日本を訪れた中国人が驚く「日本の清潔さや小綺麗さ」は決して表面的なものではなく、日本の文化として日本人の考え方や行動にしっかりと根付いているのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)