おぉ! 日本人も「中国人が数字の縁起をかつぐ」ことは知っているのか=中国報道

おぉ! 日本人も「中国人が数字の縁起をかつぐ」ことは知っているのか=中国報道

数字に縁起の良し悪しをつけるのは世界各国で見られることだが、中国人もまた数字に非常にこだわる傾向がある。2008年の北京オリンピックの開会式が、中国では縁起が良いとされる「8」にちなんで8月8日8時8分8秒に開始されたのは有名な話だ。(イメージ写真提供:123RF)

 数字に縁起の良し悪しをつけるのは世界各国で見られることだが、中国人もまた数字に非常にこだわる傾向がある。2008年の北京オリンピックの開会式が、中国では縁起が良いとされる「8」にちなんで8月8日8時8分8秒に開始されたのは有名な話だ。

 中国メディアの今日頭条は2日、中国人がいかに数字の縁起の良し悪しを気にするかについて分析する記事を掲載した。

 記事では、日本のドラマの中で不動産業者が中国人に808号室のマンションを勧めるというシーンがあったと紹介。8は中国人が好きな数字だからという理由だったが、記事は、「中国人が8という数字を好むのは本当」だと指摘。実際、8の数字が多く入った電話番号や自動車のナンバーには高値がつき、大金をはたいても求める人が多い。また、開業、結婚などの祝い事では8のつく日を選ぶと中国の慣習を紹介した。ほかにも6、7、8は「順」、「起」、「久」に通じることから縁起が良いとされている。

 しかし、同じ8がついても「18」は縁起が悪いとされており、このことは日本人も知らないだろうと記事は主張。理由は仏教でいう「地獄」を連想させるためで、実際にマンションの18階は人気がないという。また4は伝統的に縁起が良いとされていたが、最近では「死」と同じ発音ということで忌避される傾向だと紹介した。

 記事は、縁起を担いだ数字というのは世界中で見られると指摘。日本でも「4」が「死」の発音と似ているため縁起が悪いとされ、病院には4階や4号室がないこと、お茶のセットもたいていはコップが4つでなく5つにしてあると紹介、日本人も迷信深いと論じた。

 しかし記事は、数字で縁起を担ぐのは迷信であって科学的根拠がなく、儲けたい産業界と民衆の心理とが組み合わさって成り立っていることを指摘、数字に縛られたり、悪いことはなんでも数字のせいにしたりする危険があるためほどほどにするよう注意を促した。

 科学技術が発展してもなくなるどころかますます盛んになっているかのように見える迷信的な数字へのこだわり。これは中国人のみならず世界的な傾向ともいえ、何かにすがりたいという人類の普遍的な欲求が感じられる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)