中国に強敵と見なされた平野美宇、それは「研究され尽くす」ことを意味する=中国報道

中国に強敵と見なされた平野美宇、それは「研究され尽くす」ことを意味する=中国報道

ドイツで開催中の世界卓球選手権で、金メダルの期待がかかっていた女子シングルスの平野美宇選手は準決勝で中国の丁寧選手に破れた。日本勢の女子シングルスとしては48年ぶりのメダル獲得ではあるが、それでも多くの人が落胆したのは、それだけ平野選手が大きな期待を集めることができる選手だからだろう。(イメージ写真提供:123RF)

 ドイツで開催中の世界卓球選手権で、金メダルの期待がかかっていた女子シングルスの平野美宇選手は準決勝で中国の丁寧選手に破れた。日本勢の女子シングルスとしては48年ぶりのメダル獲得ではあるが、それでも多くの日本人が落胆したのは、平野選手がそれだけ大きな期待を集めることができる選手だからだろう。

 中国メディアの上観は3日、世界卓球選手権の女子シングルスでもっとも注目を集めた試合こそ、平野選手と丁寧選手の対戦だったと伝える一方、日本の卓球関係者の見解として「平野選手と中国選手の差はまだ大きい」と論じた。

 記事は、4月に行われたアジア選手権で平野選手が並み居る中国選手を相次いで撃破したことで、「中国女子卓球界は平野選手を今大会における最大の敵と見なすようになった」と指摘。日本のネット上では世界選手権でも平野選手が金メダルを獲得することを期待する声が高まったと論じつつも、「試合が始まるとすぐ、日本のネットユーザーたちは期待があまりに楽観的だったことを知った」と主張した。

 続けて、丁寧選手は準決勝で平野選手に勝利を収めた後、「アジア選手権で平野選手に負けて以降、大きなプレッシャーにさらされてきた」と述べる一方で、今回の平野選手との対戦に向けて「十分な研究と対策、そして、準備を行ってきた」と述べ、その対策が奏功したと述べたことを伝えた。

 また記事は、日本の卓球界の一部関係者が「中国に研究され尽くすことに対して危機感を持たなければならない」と述べたことを紹介し、中国のトップ選手と平野選手の現時点の差は「試合中における戦術の構築速度」にあると指摘。中国の選手は相手選手の球筋や動きが自分の予想と違っていた場合でも、すぐに対策を講じ、対処できると伝える一方、平野選手はまだ若く、経験が不足しているため戦術上の熟練度合いも中国選手に比べて不足していると論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)