え? 日本ってこんな国なの?  「中国人が日本で不思議に思うこと」=中国報道

え? 日本ってこんな国なの?  「中国人が日本で不思議に思うこと」=中国報道

日本人からすると不思議に感じる中国の文化や習慣は少なくない。電車の中でも大声で電話をすることや、道路での痰吐きなどが挙げられるだろう。しかし、中国人からすると不思議に感じる日本の文化や習慣も同様に多いようだ。中国メディアの捜狐は5日、「中国人が日本で不思議に思うこと」についてまとめた記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人からすると不思議に感じる中国の文化や習慣は少なくない。電車の中でも大声で電話をすることや、道路での痰吐きなどが挙げられるだろう。しかし、中国人からすると不思議に感じる日本の文化や習慣も同様に多いようだ。中国メディアの捜狐は5日、「中国人が日本で不思議に思うこと」についてまとめた記事を掲載した。

 たとえば、「男性が座って用を足す」こと、「財布を落としても、戻ってくる可能性があること」、「ご自由にお持ち帰りくださいとの張り紙をしたゴミ」があることは中国人からすれば驚きなのだという。日本では家電や粗大ごみの処分には費用がかかるので、持って行ってもらえれば助かるからだと説明した。中国では家具などを外に置いておけば、あっという間に誰かが持っていくので、人に譲ることをわざわざ書いておくことは衝撃的だったのかもしれない。

 次いで、「割り勘」、「学歴重視」、「給料はすべて妻に渡すこと」だ。面子重視の中国では、ケチであると思われるのを恐れて割り勘が広まらないのは当然だろう。また、中国では夫婦が別々に金銭を管理しているケースが多いので、妻が家計のすべてを管理するというのは考えられないことなのかもしれない。

 また、「性産業が異常に発達していること」、「治安の良さ」、「娘が3人もいたら破産するほど女の子にお金がかかること」、「妻が夫を全力でサポートすること」だった。特に、治安に関しては詐欺の経験が少ないために、日本人は中国で簡単に騙されると紹介したが、詐欺が非常に多い中国人からすれば、日本人は人を疑うことを知らず、警戒心が欠けていると見えるようだ。

 さらに記事は、最も不思議に思うこととして「仕事の15分前には職場に着いていること」を挙げている。時間になるまで給料が発生しないのに早めに職場に着いて仕事の準備をしている日本人の行動は驚きだとしているが、日本では常識だ。始業時間になってもなかなか仕事を始めない中国人からすると、日本で働くのは大きなストレスになるに違いない。

 文化や習慣の違いは摩擦や誤解につながるとはいえ、違っているからこそ面白いとも言える。互いの違いをよく理解するよう努めるならば、両国関係の改善にもつながっていくに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)