杭州の地下鉄で「子ども専用車両」が出現、日本からも賞賛の声が出ている=中国メディア

中国・杭州の地下鉄に「子ども専用車両」が出現 1カ月間試験運用

記事まとめ

  • 浙江省杭州市で「女性専用車両」ならぬ「子ども専用車両」が出現し、話題を集めている
  • 今日頭条の報道によると、この車両は妊婦や乳幼児、児童とその同伴者のみが利用可能
  • 車両の壁や床、天井、座席にはひよこや魚、ロケットなどのイラストが描かれている

杭州の地下鉄で「子ども専用車両」が出現、日本からも賞賛の声が出ている=中国メディア

杭州の地下鉄で「子ども専用車両」が出現、日本からも賞賛の声が出ている=中国メディア

中国では近年、全国の各都市で続々と地下鉄が開通し、市民の利便性が向上している。そんななか、浙江省杭州市では「女性専用車両」ならぬ「子ども専用車両」が出現して、話題を集めているという。中国メディア・今日頭条が11日報じた。(イメージ写真提供:(C) coward_lion /123RF)

 中国では近年、全国の各都市で続々と地下鉄が開通し、市民の利便性が向上している。そんななか、浙江省杭州市では「女性専用車両」ならぬ「子ども専用車両」が出現して、話題を集めているという。中国メディア・今日頭条が11日報じた。
 
 記事は「都市の鉄道は、人びとに便利で速い移動を提供する一方で、妊婦や乳幼児などの弱者の安全に関する問題も日増しに顕著になっている」としたうえで、同市の地下鉄で6月1日の国際児童デーより1カ月間、「子ども専用車両」の試験運用がスタートしたと伝えている。
 
 車両の壁や床、天井、座席がグリーンに塗装され、そこにひよこや魚、ロケットなど子どもたちが喜びそうなイラストがたくさん描かれている。記事によれば、この車両は妊婦や乳幼児、児童とその同伴者のみが利用可能で、健康な成人男子は原則的に利用できないとのことだ。
 
 記事はまた、この「子ども専用車両」が日本でも紹介され、日本のネットユーザーの間で大きな話題になったと紹介。「こういった試みに対する賞賛が起きると同時に、羨望のまなざしも注がれた。また、当局に対する不満も吹き出し、中国に学べという声も出た」と伝えている。中国では日本で導入されている女性専用車両についてしばしば紹介されているが、中国国内でも今月中に深セン地下鉄が女性専用車両の試験運用開始を予定しているという。
 
 妊婦や子どもたちの車内での安全を確保するのは当然ではあるが、常時専用車両を設けるのは難しいかもしれない。啓蒙的な意味を持つ期間限定の試みということで、日本でも参考になる点はありそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C) coward_lion /123RF)

関連記事(外部サイト)