日本は極度の男子社会と思いきや・・・現実は残酷だった=中国メディア

日本は極度の男子社会と思いきや・・・現実は残酷だった=中国メディア

男女平等を基本とする中国の人たちは、日本の社会に男性の立場が圧倒的に強いというイメージを持つことが多いようだ。中国メディア・今日頭条は12日「日本は本当に極度の男子強権社会なのか? 事実はもっと残酷だった・・・」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 男女平等を基本とする中国の人たちは、日本の社会に男性の立場が圧倒的に強いというイメージを持つことが多いようだ。中国メディア・今日頭条は12日「日本は本当に極度の男子強権社会なのか? 事実はもっと残酷だった・・・」とする記事を掲載した。
 
 記事は「日本が男女平等の国かどうかについては、専門家たちが長年言い争ってきた。日本の会社や役所では依然として男性が主導的立場にあるから男子強権社会だと言う人がいる。しかし、別の見方を示す人もいる。日本の女性はより多くの経済的自立権を持っていて、多くの大型消費財を男性のタレントが宣伝しているのは、それらの購入決定権が女性に有ることの表れだというのだ」とした。
 
 さらなる証左としてドラえもんの「のび太のママ」、クレヨンしんちゃんの「みさえ」を挙げ、野比家の序列ではママが一番強く、しんちゃんがおねだりするときは、常に父のひろしではなく母・みさえにせがむと論じた。
 
 また、500円のワンコイン弁当が「小遣い制」のサラリーマンに喜ばれる一方で、1000円以上のランチを食べる主婦が少なからずいるという報道が、日本のメディア上でしばしば見られることを紹介。ある調査では、日本人男性の昼食代は横ばい状態なのに対して、女性の昼食代は上昇傾向にあり、その差額は500円程度にまで開いているという結果が出たと伝えた。
 
 さらに、母の日にプレゼントする人の割合が父の日よりも明らかに多いことも、家庭における男性と女性の地位が浮き彫りになっていることを説明。その背景には、仕事により長時間家を空け、子どもとの接触が少ないことがあるとしている。
 
 記事を読んだ中国のネットユーザーからは「男性も女性も大変。互いに寛容になろうではないか」とのコメントが寄せられている。身体的、生理的なメカニズムが異なる時点で、男女が完全に同じ立場になるのは不可能。それを理解した上で、互いに特徴を認め合いながら限りなく不公平感のない男女社会に近づけていくことが大切なのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)