日本は国土が小さいのに、なぜ「世界一流の自動車メーカーを生み出せたのか」=中国報道

日本は国土が小さいのに、なぜ「世界一流の自動車メーカーを生み出せたのか」=中国報道

世界最大の自動車市場である中国において、日系車の品質の高さは高く評価されている。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の自動車メーカーがいかに強大な存在かは、自動車産業に関わる人ならば皆知っていると伝えつつ、「日系車の故障が少なく安心できる理由」を考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C)icestylecg/123RF)

 世界最大の自動車市場である中国において、日系車の品質の高さは高く評価されている。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の自動車メーカーがいかに強大な存在かは、自動車産業に関わる人ならば皆知っていると伝えつつ、「日系車の故障が少なく安心できる理由」を考察する記事を掲載した。
 
 記事は、日本の自動車メーカーおよび部品メーカーの影響力は世界中に及ぶとし、その世界シェアの高さは圧倒的であると主張。続けて、「中国に比べて国土が圧倒的に小さい日本は、いかにして世界に影響を与える自動車メーカーを生み出したのか」と疑問を投げかけた。
 
 この疑問に対し、「日本企業は競争力を維持するために、部品の品質を常に向上させている」と紹介し、トラブルが起きればすぐに解決にあたり、解決するだけでなく、トラブルが起きた原因を究明し、同じトラブルが起きないよう根本的な問題を解決しようとすると指摘、こうした努力や消費者の命に対する責任を果たす努力が実を結んだものであるとの見方を示した。
 
 自動車を購入するなら、誰でも故障の少ない車に乗りたいものだ。いくら外見が良くても、故障が多い車に乗りたいと思う人は少ないだろう。経済成長が続いているとはいえ、中国の消費者にとって自動車は安い買い物ではなく、購入する際には販売店で質問をすることはもちろん、他人やネット上の口コミまで丹念に調べて決める傾向がある。
 
 その点、中国における日系車の信頼度は高いのは日系車の好調な販売から見て取れる。中国で高い評価を受ける影には、日本の各メーカーの地道な努力があることを改めて感じる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)icestylecg/123RF)

関連記事(外部サイト)