新幹線は確かに優れている、だが受注競争では分が悪い「相手は中国だぞ」=中国報道

新幹線は確かに優れている、だが受注競争では分が悪い「相手は中国だぞ」=中国報道

2026年開業を目指す、マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道。受注を巡っては、中国企業が有利との見方もあったが、日本も有力候補となっている。5月にクアラルンプールで開かれた高速鉄道シンポジウムでも、石井国交相が参加して積極的に新幹線技術の安全性や信頼性を強調したという。(イメージ写真提供:123RF)

 2026年開業を目指す、マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道。受注を巡っては、中国企業が有利との見方もあったが、日本も有力候補となっている。5月にクアラルンプールで開かれた高速鉄道シンポジウムでも、石井国交相が参加して積極的に新幹線技術の安全性や信頼性を強調したという。

 中国メディアの黄河新聞網は22日、この高速鉄道計画において、日本を中国の強敵と認めながらも、中国の高速鉄道にはハードパワーがあり、日本を恐れる必要はないとする記事を掲載した。

 記事はまず、クアラルンプールとシンガポール高速鉄道計画では、日本が受注に自信を見せていると紹介。シンガポールの日本大使館によれば。日本が優位な点は「質の高さ」だという。新幹線の50年に及ぶ無事故運転、車体の揺れの小ささ、エネルギー効率の良さはすべて質の高さを証明している。しかし記事は、新幹線の優位性を認めつつも、「相手が悪い。相手は中国だから」と強気を見せた。

 では中国は自国の高速鉄道のどのような点に自信を持っているのだろうか。記事は、2016年7月に行われたという試験運転を紹介。鄭徐高速鉄道(河南省鄭州−江蘇省徐州)の路線において、牽引から制動、ネットワーク制御システムまで、全面的な自主化を成し遂げ、運転実験に成功したという。これは、世界各国のあらゆるニーズにこたえられる能力があることを示すものと主張した。

 実際、インドネシアの高速鉄道計画では「日本を負かして」受注を勝ち取ったと主張したほか、南米大陸横断の両洋鉄道、モスクワーカザン高速鉄度計画、中国ーラオス高速鉄道計画、ハンガリーーセルビア鉄道のハンガリー区間など重要な計画で受注に成功してきたことは、中国の高速鉄道技術が世界に認められ信頼を得てきたことの証拠であると主張、自画自賛を展開した。

 記事は、この計画において強敵日本を破って受注を獲得し、世界に中国の創造する高速鉄道の奇跡を見せてくれると信じていると締めくくった。しかしこの記事では中国の高速鉄道の優位性が具体的には示されておらず、自画自賛に終始している感が否めない。記事も認めるとおり、日本には「安全性と質の高さ」がある。日本の受注成功を願いたいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)