一族の反対を押し切って「日系車を買った!」、そこには中国ならではの葛藤も

一族の反対を押し切って「日系車を買った!」、そこには中国ならではの葛藤も

中国では根強い反日感情があり、日本を旅行で訪れることや、日本製品を購入することを「非愛国的行為」あるいは「売国行為」であると批判する人が少なからず存在する。こうした人びとは中国で「憤怒青年(憤青)」と呼ばれるが、反日感情を持つのは決して「青年」だけではない。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では根強い反日感情があり、日本を旅行で訪れることや、日本製品を購入することを「非愛国的行為」あるいは「売国行為」であると批判する人が少なからず存在する。こうした人びとは中国で「憤怒青年(憤青)」と呼ばれるが、反日感情を持つのは決して「青年」だけではない。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、家族の反対を押し切って日系車を購入したという中国人による手記を掲載し、「日系車の購入は心から迷い、実際に納車されたが、本当に良かったのだろうか」と迷いを吐露したところ、中国人ネットユーザーたちから様々な意見が寄せられた。
 
 この中国人が購入した日系車とは、ホンダのCR−Vだ。購入の決め手となったのは、コストパフォーマンスの高さであり、他に検討していた車に比べて内装のグレードが高く、車内空間が広いことが魅力的だったという。
 
 だが、一族のなかに日本嫌いの人がいて、特に祖父は日系車の購入に強く反対していたそうで、「車を購入するということは、中国人にとっては大きな買い物」であり、納車されたとはいえ、やはり一族の反対は気がかりなようだ。
 
 中国では少なからぬ消費者が、日本製品や日系車の購入に対して、この中国人のような「迷い」や「葛藤」を抱えているものと推測される。だが、この記事には多くの中国人ネットユーザーからコメントが寄せられていて、たとえば「自分で稼いだお金でどんな車を買おうと自由だろう。良い車ならば、それが日系車でも良いじゃないか。そもそも消費と愛国は無関係だ」、「交通マナーを守って運転し、税金を納める。それが愛国」と言った意見が多く、日系車を購入した中国人の葛藤に対して「愛国とは無関係であり、木にする必要はない」というコメントが大半を占めていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)