品質を追求する卓越した精神・・・それを日本の文房具から感じる=中国

品質を追求する卓越した精神・・・それを日本の文房具から感じる=中国

中国人旅行客の多くは、日本製品の品質を高く評価しているが、高品質な高額な製品だけではない。身の回り品であり、決して高額ではなく、買い求めやすい文房具も同様に高品質だ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人旅行客の多くは、日本製品の品質を高く評価しているが、高品質な高額な製品だけではない。身の回り品であり、決して高額ではなく、買い求めやすい文房具も同様に高品質だ。
 
 中国で販売されている中国メーカー製のノートやボールペンの品質は、お世辞にも良いとは言えず、ノートの紙質は悪く、ペンはインクがまだ残っているのに途中で書けなくなってしまうこともある。
 
 そのため、中国人からすれば日本の文房具は「非常に使いやすく、高品質」に映るようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人の細部にまでこだわる姿勢と厳格さは「非常に小さな文房具にも体現されている」と伝え、日本メーカーの文房具を使えば「品質を追求する卓越した精神を感じ取ることができる」と伝えている。
 
 記事は、文房具は自動車やマンションのように高額なものではないものの、勉強や仕事においては必要不可欠な存在であり、使いやすい文房具はそれだけで利便性をもたらしてくれると指摘。そして、日本を訪れたら購入したい、数々の文房具を紹介した。
 
 たとえば、軽くて紙質も良く、見た目も良い「campus」のノートや、細線・太線・二重線の3種類の線が引ける「コクヨ」の蛍光マーカー、文書を整理して保管するための各種ボックスやペン立てなど、様々な製品を紹介。使用者の立場になって考えられた真の使いやすさを持つ日本の数々の文房具について「品質を追求する卓越した精神を感じ取ることができる」と称えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)