成熟した日本の自動車文化に比べ、メンツを求める我が国はまだ未熟=中国報道

成熟した日本の自動車文化に比べ、メンツを求める我が国はまだ未熟=中国報道

日本人と中国人では、自動車に対する価値観は大きく違っている。中国では自動車はオーナーの社会的身分や地位を示すツールであり、自分のメンツを示すためのツールの1つとして捉えられがちだが、現代の日本ではこのような見方はほとんどなされない。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人と中国人では、自動車に対する価値観は大きく違っている。中国では自動車はオーナーの社会的身分や地位を示すツールであり、自分のメンツを示すためのツールの1つとして捉えられがちだが、現代の日本ではこのような見方はほとんどなされない。
 
 中国国内においても、自動車にメンツを求める風潮を批判する声が存在するが、中国メディアの捜狐はこのほど、中国の自動車文化は日本に比べてあまりに遅れていると伝えている。
 
 記事は、中国の自動車市場は生産台数、販売台数ともに世界一の規模にあることを指摘する一方、「果たして中国には自動車文化は存在するのだろうか」と疑問を投げかけ、市場の発展は必ずしも自動車文化の発展を意味しているわけではないと指摘した。
 
 続けて、日本には小型でも魅力的な軽自動車、さらにはカスタムカーなど独特な文化があることを指摘したほか、欧州では自動車レースといった文化が存在すると指摘。日本では若者の自動車離れが指摘されるものの、それでも確かに自動車愛好家は少なからず存在し、近年では「痛車」と呼ばれるアニメキャラクターで自動車を飾る新しい文化も登場している。
 
 こうした日本の文化に比べ、中国に自動車文化がないのは「中国のメーカーに対する愛が育まれず、中国市場で大きなシェアを獲得しているのが外資メーカーだから」ではないかと主張。中国人消費者が中国の自動車メーカーを支持することは、中国車の成長に直結するものであり、ひいては中国独特の自動車文化の醸成につながるものだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)