日本にある老舗喫茶店が、中国人観光客にウケている・・・その理由は? =中国メディア

日本にある老舗喫茶店が、中国人観光客にウケている・・・その理由は? =中国メディア

中国メディア・今日頭条は2日「日本にあるこの老舗が、中国人観光客からとても喜ばれている。原因はコレだ」とする記事を掲載した。彼らを大いに喜ばせているのは、愛知が発祥とされる喫茶店のモーニングサービスだ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・今日頭条は2日「日本にあるこの老舗が、中国人観光客からとても喜ばれている。原因はコレだ」とする記事を掲載した。彼らを大いに喜ばせているのは、愛知が発祥とされる喫茶店のモーニングサービスだ。
 
 記事はまず、近鉄名古屋駅付近にある「モーニング喫茶リヨン」を紹介。一般的なモーニングサービスは午前中だけの提供だが、この店では飲み物を注文すれば1日じゅうモーニングサービスが提供されるとした。その内容は小倉あんなどのプレストースト、もしくは通常のトースト+ゆで卵であると伝えた。
 
 続いては、全国的に有名なカフェチェーン店のコメダ珈琲のモーニングサービスに言及。モーニングの時間帯に飲み物を注文すれば、トースト+ゆで卵や、小倉トースト、卵トーストから選べるサービスがついてくるとした。
 
 さらに、名古屋市東区にある「白壁カフェ花ごよみ」では、一般的なトーストのモーニングサービスに加えて、おにぎりやお粥、お茶漬けといった和風のサービスも提供していることを紹介している。
 
 共働きが基本である中国では、朝食を自宅で食べずに外の食堂などで食べる人が少なくない。それゆえ、名古屋の喫茶店で文化として根付いているモーニングサービスとの親和性は高そうだ。
 
 しかも、飲み物だけの値段でトーストやサラダ、ゆで卵が付いてくるとなれば、少しでもお得なものを求める中国の人びとにとっては非常に魅力的なサービスと言えるだろう。もちろん、日本人や他国からの観光客にとっても非常に魅力的であることは言うまでもない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)