中国では信号無視を繰り返す人も「日本では信号を守ってしまう」=中国

中国では信号無視を繰り返す人も「日本では信号を守ってしまう」=中国

中国は世界最大の自動車市場であり、都市部では深刻な交通渋滞も発生しているほか、交通事故も多発している。自動車が増えていることに加え、中国では日本のように歩行者優先ではなく、自動車の方が優先される。さらに中国では非常に荒っぽい運転の人が多く、交通ルールが遵守されているとは言い難いのが現状だ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国は世界最大の自動車市場であり、都市部では深刻な交通渋滞も発生しているほか、交通事故も多発している。自動車が増えていることに加え、中国では日本のように歩行者優先ではなく、自動車の方が優先される。さらに中国では非常に荒っぽい運転の人が多く、交通ルールが遵守されているとは言い難いのが現状だ。
 
 警察庁によれば、2016年における日本の交通事故死亡者数は3904人、人口10万人あたりでは3.07人だった。中国では年間の交通事故死亡者数は20万人を超え、人口10万人あたり交通事故死亡者数も20人を超えているという統計もあることから、中国でいかに交通事故によって死亡する人が多いかが分かる。
 
 中国メディアの東方頭条は4日、中国では交通事故による死亡者数が非常に多いにもかかわらず、日本も中国同様に自動車大国でありながら「交通事故死亡者数が少ないのは一体何故なのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。
 
 記事は、「世界で最も交通秩序がある国はどこか」と問えば、多くの人が「日本と答える」と伝えつつ、日本は人口密度が高く、自動車保有台数も多い国であるのに、「交通事故によって死亡する人の割合は非常に小さい」と指摘した。さらに、日本は中国に比べて道路も狭いのに、交通事故が多発しないのは「各ドライバーが互いに譲り合って運転しているからだ」とし、中国のように「歩行者と自動車の誰もが我先に通ろうとする光景」は日本ではほとんど見られないと指摘した。
 
 さらに、中国では歩行者の信号無視が非常に多く、これが事故多発につながっているとしながらも、日本では歩行者も信号をしっかりと守っていると紹介。また、「興味深いのは、中国国内では信号など守らなかった中国人も、旅行で日本を訪れると日本滞在中だけは信号を守ることだ」と紹介した。
 
 中国では赤信号でも「みんなで渡れば怖くない」という風潮が広まっていることを伝え、中国国内では信号無視をする人でも日本では信号をしっかり守ろうとするのは、「環境が中国人に与える影響は極めて大きいことを示す」と指摘し、日本で交通事故死亡者数が少ないのも「日本には交通ルールを守るうえでの良好な環境がある」ためだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)