中国自動車市場を支えてきたのは「日本メーカーのエンジンだ」=中国

中国自動車市場を支えてきたのは「日本メーカーのエンジンだ」=中国

自動車にとってエンジンとトランスミッションはまさに心臓部と呼ぶべき重要な部品だが、中国の自動車産業にとってはこの2つの部品こそ「弱点」であるという声は少なくない。事実、中国車には日本メーカーが製造したエンジンやトランスミッションが搭載されているケースは多い。(イメージ写真提供:123RF)

 自動車にとってエンジンとトランスミッションはまさに心臓部と呼ぶべき重要な部品だが、中国の自動車産業にとってはこの2つの部品こそ「弱点」であるという声は少なくない。事実、中国車には日本メーカーが製造したエンジンやトランスミッションが搭載されているケースは多い。

 中国メディアの易車は7日、中国の自動車メーカーは現在、他社を参考にしたり、模倣したりしながら「手探りで前に進んでいる最中」だと伝える一方、中国自動車メーカーを支えてきたのは日本メーカーのエンジンであると紹介した。

 記事は、中国の自動車メーカーは自動車の外観では「ドイツメーカーを中心に、欧州の自動車メーカーを模倣している」と伝えつつ、エンジンのような自動車にとって重要な部品は日本を参考にしていると紹介。

 エンジンは自動車の燃費性能や動力性能を左右する重要な部品であるため、自動車という製品の競争力を高めるうえでは日本メーカーが製造したエンジンを搭載するケースが多いことを伝えた。さらに、スズキや三菱などのエンジンが中国自動車メーカーにこれまで広く搭載されてきたことを伝え、「日本のエンジンこそ、中国の自動車産業を成長させた立役者である」と指摘した。

 近年、中国自動車メーカーの品質が高まっているとの指摘もあり、実際に中国で販売台数を大きく伸ばすメーカーも登場している。今でこそ日本メーカーのエンジンは中国メーカーに支持され、搭載されているが、中国企業の成長ぶりを見ると、いずれは中国メーカーが優れたエンジンの開発に成功することもあり得ないことではないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)