日本人は1時間も並んで何を食べている?日本で人気の店に行ってきた=中国

日本人は1時間も並んで何を食べている?日本で人気の店に行ってきた=中国

日本には多種多様な文化があり、特に食文化は外国人にとって接しやすい文化の1つだと言えよう。中国でも日本食の知名度は上がっており、美食を求めて日本を訪れる中国人もいるほどだが、日本人にとってどのような料理や店が人気なのかは、日本に来なければ知ることは難しい。(イメージ写真提供:123RF)

 日本には多種多様な文化があり、特に食文化は外国人にとって接しやすい文化の1つだと言えよう。中国でも日本食の知名度は上がっており、美食を求めて日本を訪れる中国人もいるほどだが、日本人にとってどのような料理や店が人気なのかは、日本に来なければ知ることは難しい。
 
 中国メディアの捜狐はこのほど、「日本人は1時間も並んで一体どんなものを食べているのか」という記事を掲載した。記事は東京で行列が出来るほど人気のお店から、おすすめの店を紹介している。中国人の間でも日本料理として知られている「寿司、親子丼、天丼、鰻、かつ丼の店」を自ら訪れて食レポしている。
 
 記事が紹介している寿司屋はメニューから好みのネタを頼んで握ってもらう形式の食べ放題の店で、外国人であっても頼めば英語と中国語のメニューを出してもらえるので問題ないとしている。刺身が苦手な中国人も多くいるが、今や寿司の美味しさを楽しむ中国人が増えていることも驚きだ。
 
 親子丼の店は1時間待って入店できたというが、4種類の丼物のうち2種類は既に完売していたという人気店だ。中国でも知られるようになった親子丼はこの店のまかない料理から誕生したものだと紹介。味については玉子と鶏肉の相性にとても満足したようだ。次の店では天丼を紹介し、単品だと漬物しか付いてこないが、メニューには天ぷら定食のように、ご飯と味噌汁と漬物がセットになっているものがあるとし、「日本では忙しい人たちのために昼のランチメニューがあって頼みやすくお得にもなっている」ことを説明した。記事は独自に星を付けて、鰻の名店とかつ丼の店と共に高く評価して紹介した。
 
 中国でも近年は日本料理店が増えてきていて、気軽に和食を食べることはできるようになった。だが、日本で行列が出来る名店で食べてこそ、その美味しさと文化を味わうことができる。今後は中国の美食家が日本の人気レストランを訪れるような時代が来るのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)