日本の自販機の世界は多彩すぎる!何回訪日しても「理解しきれない」=中国

日本の自販機の世界は多彩すぎる!何回訪日しても「理解しきれない」=中国

日本では街中のいたるところに設置してある自動販売機。中国でも最近、自販機が増えてきているものの、その普及度合いは日本ほどではない。日本では飲み物の自販機のみならず、ありとあらゆるものが自販機で販売されていることが中国人にとっては驚きのようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 日本では街中のいたるところに設置してある自動販売機。中国でも最近、自販機が増えてきているものの、その普及度合いは日本ほどではない。日本では飲み物の自販機のみならず、ありとあらゆるものが自販機で販売されていることが中国人にとっては驚きのようだ。
 
 中国メディアの今日頭条は10日、中国人は日本を何度訪れても「日本の自販機の世界を全て理解するのは不可能だ」と主張する記事を掲載し、日本に存在する様々な自販機が日本人の生活を支えていることを紹介した。
 
 記事はまず、「日本にはコンビニよりも圧倒的に多くの自販機が設置されていて、まるで24時間営業の小型スーパーのようだ」と指摘。そして「自販機を利用することは日本人の生活スタイルの一部と言っても過言ではない」と論じた。
 
 では、日本にはいったいどのような自販機があるのだろうか。記事は、「温かいうどんやそば」、「缶入りのパン」、「お寿司」、「果物」、「卵」、「お米」、「ガム」、「雑誌」、「乾電池」、「はんこ」、「傘」、「生花」、「おもちゃ」、「ジーンズ」、「お守り」など、ありとあらゆる商品が自販機で販売されていることを写真と共に紹介した。
 
 さらに日本の自販機は物を売るだけではないとし、例えば災害発生時に自分の居場所がわかるよう「自販機の側面には設置場所の住所が記されている」うえ、東日本大震災をきっかけに災害時は被災者に自販機の商品を提供するよう定めた自販機もあることを紹介した。
 
 結論として記事は、「自動販売機は日本人の生活の一部となっていて、自販機がなければ日本人の生活は成り立たない」とした。だいぶ誇張されている感はあるが、中国人にとってはそのように感じるほど、日本には自動販売機が数多く存在するということだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)