中国人は日本で家電や医薬品を買うが、日本人は中国で何を買って帰るのか=中国メディア

中国人は日本で家電や医薬品を買うが、日本人は中国で何を買って帰るのか=中国メディア

旅行をすると必ずといっていいほど迷うのが、誰に何のお土産を買って帰るかだ。旅の後半になるとお土産を買わねばというプレッシャーがどんどん高まってくる。散々考えた挙句、面倒になって「みんな同じお菓子でいいや」ということにもなりかねない。中国メディア・今日頭条は14日「中国人は日本で爆買いをした では日本人は中国旅行で何を買うのか」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 旅行をすると必ずといっていいほど迷うのが、誰に何のお土産を買って帰るかだ。旅の後半になるとお土産を買わねばというプレッシャーがどんどん高まってくる。散々考えた挙句、面倒になって「みんな同じお菓子でいいや」ということにもなりかねない。中国メディア・今日頭条は14日「中国人は日本で爆買いをした では日本人は中国旅行で何を買うのか」とする記事を掲載した。
 
 記事は「中国人の購買能力の高さは紛れもない事実であり、2015年には日本で『爆買い』が流行語になった。中国人が買うのは家電製品や医薬品、化粧品だが、日本人が中国旅行にやってきて何を買って帰るか、あなたは知っているだろうか」としたうえで、日本人に人気のある中国土産のベストナインを紹介した。
 
 第9位はシルク製品。「なめらかな肌触りが日本人に深く愛されており、女性へのお土産に最適」と評している。第8位はパンダ関連商品だ。近ごろ上野動物園のパンダ・シンシンに子どもが生まれてパンダフィーバーが起きたように、日本人のパンダ愛は熱狂的であるとした。
 
 第7位は中国テイスト漂う各種雑貨で、第6位はチャイナドレス、第5位は中国の扇、第4位はバラ売りのお菓子となっている。チャイナドレスは時間に余裕のある人が自分へのお土産としてオーダーメイド品を買って帰ると説明している。
 
 トップ3は、第3位が酒類、第2位が卸売市場に並ぶ廉価な日用小物雑貨、第1位が茶葉だった。酒類では特にアルコール度数が良心的な紹興酒の人気が高いとしたほか、女性を中心とする日本人観光客は必ずお茶屋さんに立ち寄ると解説した。
 
 ランキングを見た中国のネットユーザーからは「日本人は中国の風土や人情、雄大な景色に触れることを目的にやって来る。そのお土産も観光地に関係のある工芸品や記念品などがメインになるのだ」、「われわれが買うのはテクノロジー。彼らが買うのは自然、伝統。やっぱり差があるなあ」といった感想が寄せられている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)