虐待じゃないの? 日本はなぜ子どもたちに「床の雑巾がけ」をさせるのか=中国

虐待じゃないの? 日本はなぜ子どもたちに「床の雑巾がけ」をさせるのか=中国

日本の小学校や中学校では生徒たちが自ら校舎内の清掃を行うことが教育の一環として行われている。学校によって異なる部分はあるが、ちりとりや箒などは学校側で用意されるものの、雑巾については生徒が各自で用意することが多いのではないだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の小学校や中学校では生徒たちが自ら校舎内の清掃を行うことが教育の一環として行われている。学校によって異なる部分はあるが、ちりとりや箒などは学校側で用意されるものの、雑巾については生徒が各自で用意することが多いのではないだろうか。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は子どものころから雑巾掛けを教育の一環として行い、子どもたちの品徳を養っていると伝える記事を掲載、「雑巾掛けは小さな習慣に見えるかもしれないが、子どもたちの人生や社会に対して大きな影響を与えている」と主張した。
 
 記事は、子どもたちに校舎の掃除をさせることについて、中国の教育関係者や保護者は「虐待」と考えてしまうかもしれないと伝える一方、実際は虐待などではないと指摘し、「日本では子どもたちが自ら掃除することは、達成感や愛校心を培い、品特を高め、学校に対する帰属意識を高める教育として認識されている」と伝えた。
 
 続けて、床の雑巾がけについては「日本の各武道でも行われている」と伝え、単にゴミを綺麗にするだけだけではなく、心を掃除し、心を浄化する目的もあると指摘。特に武道においては、場所を掃除することは「その武道や技を重んじる態度の表れである」と伝え、日本ではこのような考え方のもと、学校での掃除を子どもたちが自ら行い、子どもたちの品徳を養っているのだと伝えた。
 
 中国では学校の清掃は清掃員が行う場合が多い。清掃どころか、学校の登下校も保護者の送り迎えが行い、勉強道具まで保護者が持ってあげるという場合がごく普通に見られる。そのため、日本の学校では子どもたちが自分の足で歩いて登下校し、給食の準備や清掃まで自分たちで行うことに驚く中国人は少なくない。
 
 このように日本では自立を学ぶ教育環境にあるが、中国では何でもしてもらって当然という環境で育つ子どもが多いため、わがままで協調性に欠けた大人に育ってしまうという問題性が指摘されることもある。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)