なぜだ! 中国人は日本を恨んでいるのになぜ日本を訪れるのか=中国報道

なぜだ! 中国人は日本を恨んでいるのになぜ日本を訪れるのか=中国報道

中国人にとって日本は人気の渡航先であり、中国で長期連休となるたびに多くの中国人が日本にやってくる。日本政府観光局(JNTO)によれば、2016年に日本を訪れた中国人客の数は過去最高の637万3000人に達し、前年に対する伸び率は27.6%に達した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人にとって日本は人気の渡航先であり、中国で長期連休となるたびに多くの中国人が日本にやってくる。日本政府観光局(JNTO)によれば、2016年に日本を訪れた中国人客の数は過去最高の637万3000人に達し、前年に対する伸び率は27.6%に達した。
 
 しかし、中国では根強い反日感情が存在するのも事実だ。そのため、中国では「なぜ一部の同胞は日本を訪れるのか」と強く訝る声も存在するが、なぜ中国人は日本を旅行で訪れようと思うのだろうか。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人は日本を恨んでいるというのに、なぜ日本に旅行に行くのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、中国人が議論を交わしている。
 
 記事に寄せられたコメントを見てみると、「中国人が日本を恨んでいるという前提が間違っている」という指摘があり、そもそも日本を旅行で訪れる中国人は反日感情を抱いていないという意見があって、多くの支持を得ていた。確かに中国人全体が反日感情を抱いているかというと、日本の漫画やアニメを見て育った若い世代を中心に日本に親近感を抱いている人は少なからず存在するのは事実だ。
 
 また、「中国人がいくら日本を罵っても、日本が世界をリードする国の1つであることに変わりはない」とし、日本が中国より先進的な国である以上、中国人にとって日本は訪れるに値する国だという声もあった。そのほか、「日本が中国を侵略した国であるのは事実だが、罵っているだけでは中国は進歩せず、日本を訪れることで中国に足りない点が見えてくるはずだ」という意見も見られた。
 
 全体的には、「中国人のすべてが日本を憎んでいるわけではない」という意見が多く見られ、こうした中国人の存在が訪日客の数を押し上げているとも言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)