日本初・アリババグループが採用するAI物流ロボットを稼働開始 作業効率は人力の6倍

日本初・アリババグループが採用するAI物流ロボットを稼働開始 作業効率は人力の6倍

株式会社アッカ・インターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役:加藤 大和)は、物流業界の人手不足の打開策として、7月24日、中国最大のインターネットショッピング・モールであるアリババグループが採用するAI物流ロボットの稼働を、日本で初めて開始した。

 株式会社アッカ・インターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役:加藤 大和)は、物流業界の人手不足の打開策として、7月24日、中国最大のインターネットショッピング・モールであるアリババグループが採用するAI物流ロボットの稼働を、日本で初めて開始した。
 
 ECサイトで顧客が購入した商品を倉庫から取りに行くピッキング作業と、入荷時に商品を保管する棚入れ作業をロボットで自動化することにより、従来の人力と比較して作業効率が6倍以上になり、省人化と人件費の削減が可能になる。第一号クライアントは、同社が手がけるドイツの靴メーカーBirkenstock(ビルケンシュトック)ジャパン社(導入所在地:千葉県印西市)。
 
 AI物流ロボット導入のメリットは、省人化と省エネ化。人力では1時間あたり50点程度だった上限ピッキング数が、ロボットにより300点以上になり、作業効率が飛躍的に向上する。また、ロボットは30分の充電で10時間の稼働が可能。
 
 物流の大型機械の導入は、これまで初期の高額投資、資本回収の長期化といった導入リスクを抱えていたが、ロボットが人に代わって作業を行うことで人件費を削減でき、同社によれば、約2年で導入費用を回収できるとのこと。

関連記事(外部サイト)