中国高速鉄道は新幹線を超えた!? 「何がどう超えたというのか」=中国

中国高速鉄道は新幹線を超えた!? 「何がどう超えたというのか」=中国

今や中国国内を縦横無尽に走る高速鉄道。中国では高速鉄道は「中国の製造業を世界にアピールする名刺的な存在」になったと胸を張る報道も増えていて、中国人が高速鉄道を誇りに思っていることがよく伝わってくる。また、「中国高速鉄道はすでに新幹線を超えた」という論調も多いが、何を以って新幹線を超えたと主張しているのだろうか。 (イメーシ?写真提供:(C)chuyu/123RF)

 今や中国国内を縦横無尽に走る高速鉄道。中国では高速鉄道は「中国の製造業を世界にアピールする名刺的な存在」になったと胸を張る報道も増えていて、中国人が高速鉄道を誇りに思っていることがよく伝わってくる。また、「中国高速鉄道はすでに新幹線を超えた」という論調も多いが、何を以って新幹線を超えたと主張しているのだろうか。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で1964年に世界初の高速鉄道として開業した新幹線と比較しても、中国高速鉄道はすでに「新幹線を越えている」と主張する記事を掲載し、その根拠について論じている。
 
 記事はまず、「高速鉄道は日本で生まれ、ヨーロッパで発展し、中国でより優れたものに進化した」と主張。なぜなら中国高速鉄道は日本やドイツなどの技術を消化吸収し、さらにイノベーションを加えたうえで生み出されたものであり、その技術はもはや独自のものだからだと論じた。
 
 さらに、中国は国土が広いため、中国高速鉄道は気候や地質など非常に多様な条件のもとで運行されていると主張。さらに中国・海南島での運行経験はインドネシア・ジャワ島での高速鉄道計画を受注できたことの要因の1つであり、中国北部での寒冷地における運行はロシアから高い評価を得ていると主張した。
 
 ほかにも記事は、「中国高速鉄道の営業距離や安全性」を挙げている。総延長はすでに2万2000キロメートルを超え、世界中の高速鉄道を足した距離すら越えていることや、衝突事故以降は重大な事故を起こしていないことを指摘し、「中国高速鉄道の安全性は高い」と主張。また中国高速鉄道は建設のスピードが最も早く、営業距離が最長で、様々な技術や管理、運行の経験が非常に豊富であるとし、これらの要因こそが「新幹線を超えたと主張する根拠」であると主張した。
 
 日本では、中国が受注したインドネシアの高速鉄道建設について、工事が遅れていることが報じられている。だが、中国ではこうした遅れはほとんど注目されておらず、むしろ自国の高速鉄道技術は非常にすばらしいという報道がなされている。本当のところはどうなのかと疑問に思うところだが、いずれにしても不特定多数の人が利用する高速鉄道である以上、自らを過信せずに安全性に最大限の注意を払って運行してもらいたいものだ。(編集担当:村山健二) (イメーシ?写真提供:(C)chuyu/123RF)

関連記事(外部サイト)