日系車の不買なんてナンセンスだ! それより中国車を日本に売る方が良い=中国報道

日系車の不買なんてナンセンスだ! それより中国車を日本に売る方が良い=中国報道

中国では政治的な理由で他国と関係が悪化すると、その国の製品をボイコットする不買運動が良く起きる。現在は高高度ミサイル防衛システム「THAAD(サード)」配備をめぐって韓国製品が不買の対象となっているが、過去には日本製品や日系車も不買の対象となったことがある。(イメーシ?写真提供:(C)Man Li/123RF)

 中国では政治的な理由で他国と関係が悪化すると、その国の製品をボイコットする不買運動が良く起きる。現在は高高度ミサイル防衛システム「THAAD(サード)」配備をめぐって韓国製品が不買の対象となっているが、過去には日本製品や日系車も不買の対象となったことがある。
 
 中国では歴史問題があるためか、日本製品や日系車の購入は愛国心まで絡んでくる複雑さを持つ。中国メディアの今日頭条は22日、日本製品のボイコット、つまり日系車の不買は決して正しい愛国表現ではないとし、本当の愛国表現は中国車が日本で売れるよう品質を高めることだと論じる記事を掲載した。
 
 記事はまず、中国のネット上ではよく日系車について批判的な意見が交わされていると伝える一方、「日系車を購入しないことは愛国的な行動なのだろうか」と問いかけ、それは間違いであると主張。さらに、「不買運動をして日系車を購入しないのではなく、中国車を日本で売ることがより良い愛国である」と論じた。
 
 続けて、中国の大手自動車メーカー5社を例に挙げ、それぞれのメーカーの世界各国への車の輸出状況や、世界各地での販売状況、さらに今後の進出の見通しなどについて論じ、中国車の日本市場への進出はまだ難しくとも、世界で中国車は販売台数を伸ばしていると主張。これは日本車の市場を奪い取っていることを意味するとし、中国車が日本市場へ進出する未来も遠い話ではないと論じた。
 
 これに対して中国のネットユーザーからは、「日系車は質が良く、一流の車だ。政治的な理由でボイコットする必要はない」などと日系車を擁護する声や、「日系車を購入する消費者は人としての素質が低く、自分のことしか考えない人たちだ」といった日系車に対してマイナスの感情を抱いている人の声も寄せられていた。
 
 中国メーカーが技術力を高めてきているのは事実であり、すでに電気バスの分野では中国メーカーは日本に進出している。この先、中国車が日本市場で販売を伸ばすようであれば、日系車の不買運動より日本企業が受ける影響は大きいと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメーシ?写真提供:(C)Man Li/123RF)

関連記事(外部サイト)