驚いた・・・日本の女子は年じゅうミニスカートを履いているわけではなかった=中国メディア

驚いた・・・日本の女子は年じゅうミニスカートを履いているわけではなかった=中国メディア

中国では日本のアニメを好む若者が少なくない。アニメを通じて日本に興味を持った、アニメから日本の知識を得ているという人もいる。中国メディア・今日頭条は24日「日本のアニメがわれわれに与える誤解」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では日本のアニメを好む若者が少なくない。アニメを通じて日本に興味を持った、アニメから日本の知識を得ているという人もいる。中国メディア・今日頭条は24日「日本のアニメがわれわれに与える誤解」とする記事を掲載した。
 
 記事は「アニメにおける一部の設定は決して真実ではない。その多くは現実離れしており、美化や加工を経ている。それゆえ、日本のアニメは実際われわれに少なからぬ誤解を与えるのだ」としたうえで、中国のアニメファンが抱きがちな日本に対する誤解を8つ挙げている。
 
 最初の4つは「日本人はみんなアニメに夢中になっている」、「女子は一年中ミニスカートしか履かない」、「学校の屋上は、格好の昼食場所だ」、「どんな男子でも美少女と巡り会える」というもの。中国を訪れた日本人にアニメの話があまり通じないということで驚きを覚えた人もいるかもしれない。ミニスカについてはアニメの世界のみならず、制服姿の女子中高生の写真がネット上で大量に拡散している。
 
 残りの4つは「日本の美女の話し声はみんな聞きやすく、優しい」、「神社は巫女が管理をしている」、「日本の学校の制服はみんなセーラー服だ」、「日本の家はみんな別荘のようである」というもの。話し声については「実際の日本人は、アニメの2倍程度のスピードで話す。しかもしばしば前後の音がつながったりする。みんなアニメのように喋るなどということはない」と解説した。日本人にしてみれば中国人の話す中国語は非常に早口に聞こえるが、中国人にしてみれば日本人の日本語こそ「早口言葉」に聞こえるらしい。
 
 日本のリアルな映像がネット上にあふれ、日本を訪れたことのある人が急増しているなかで、記事が紹介した誤解を全て抱いている人はそうはいないだろう。しかし、1つや2つくらいなら多くの人が誤解しているかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)