日本を訪れれば分かる「本当の日本人は民度が高く、礼儀正しく、文化的」=中国

日本を訪れれば分かる「本当の日本人は民度が高く、礼儀正しく、文化的」=中国

日本と中国の間には痛ましい歴史的背景がある。ゆえに、中国人のなかには、日本に対して良い印象を抱いていない人も少なからず存在する。だが、昨今、日本を訪れる中国人が増え、日本に対する見方には徐々に変化が生じているようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 日本と中国の間には痛ましい歴史的背景がある。ゆえに、中国人のなかには、日本に対して良い印象を抱いていない人も少なからず存在する。だが、昨今、日本を訪れる中国人が増え、日本に対する見方には徐々に変化が生じているようだ。
 
 中国メディアの今日頭条は22日、「民度が高く、礼儀正しく、文化的であるのが本当の日本人だ」と伝え、「彼らは中国人を暖かく歓迎してくれる」と論じる記事を掲載し、中国人が日本を訪れた際にどのような体験をするのかを紹介している。
 
 記事はまず、「一般の日本人は中国人が思っているような『残忍で凶暴な人』ではなく、非常に礼儀正しく友好的で、中国人に笑顔で接してくれる」ことを紹介。中国では抗日ドラマなどの影響か、日本人は野蛮な民族だと誤解している人が今でも存在するが、こうした認識は間違っていると指摘した。
 
 さらに、「日本人は野蛮どころか、とても親しみやすく、旅行で訪れた街を歩いていても、外国人だと気が付けば微笑みかけてくれたり、やさしく呼びかけてくれる」と紹介した。また、「買い物のために店を訪れれば、店員はこちらを尊重し、非常に親切に接客してくれ、こちらの希望や条件に合う商品を一生懸命に探してくれる」とし、「中国人だからといって日本人は騙すようなことは一切せず、売られている商品の質も非常に良い」ことを紹介した。
 
 結論として記事は、「多くの日本人は、中国と中国人に対して非常に友好的で、中国人旅行客を歓迎してくれている」と紹介した。歴史的背景や受けた教育のゆえに、日本や日本人に対して悪感情を抱いている中国人もいる。だが、日本を訪れた中国人は「日本人は野蛮で中国人を敵視している」という認識が誤解であることを知り、実際の日本人は友好的であるということを知るのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)