【中国】育休充実に伴い補填に男性需要 ホワイトカラー人材紹介市場の動向

【中国】育休充実に伴い補填に男性需要 ホワイトカラー人材紹介市場の動向

世界10ヵ国で人材紹介事業を展開し、東南アジアでは最大級の規模(※)を誇るジェイ エイ シー リクルートメント グループ(CEO:田崎 ひろみ)が、2017年第2四半期のアジア各国のホワイトカラー人材紹介市場の動向をまとめた。(イメージ写真提供:123RF)

 世界10ヵ国で人材紹介事業を展開し、東南アジアでは最大級の規模(※)を誇るジェイ エイ シー リクルートメント グループ(CEO:田崎 ひろみ)が、2017年第2四半期のアジア各国のホワイトカラー人材紹介市場の動向をまとめた。
 
(※)自社調べ(アジアで人材紹介事業を展開する同業他社の売上規模を比較)
 
■中国(上海・北京・広州)
求人数は昨年対比で横ばい 電気自動車や設備関連を中心に、求人が堅調に
 
【求人数】
対前年四半期比 102%
対前四半期比   97%
 
JAC Recruitment 中国法人社長 蓮子 哲也氏
 
 第2四半期、中国は政治/経済共に全体的に安定した成長を見せていますが、社会科学研究の最高学術機構である中国社会科学院の発表によると、4〜6月期の経済成長率は前年同期比で6.8%となり、1〜3月期の6.9%を下回るとの見通しを示し、小幅ながら減速に転じるとの予測となりました。また、本学院が発表した2016年中国都市競争力リポートでは、深セン市が総合経済競争力で3年連続で1位となりました。2位は香港、3位は上海、5位の広州は前年から順位が一つ下がりました。
 
【企業の採用動向】
 求人数は対前期比で微減となりましたが、最近では金融、IT、機械設備、自動車関連、環境ビジネスなど、さまざまな業界から求人の依頼が寄せられています。特に電気自動車の分野で新規参入企業が増えており、日系企業も中国系の自動車メーカーに自動車部品の販売を増やす目的で、中国人の営業や技術関連の人材の募集が増加しています。さらに、機械/設備関係も引き続き堅調で、東南アジアに一部製造ラインの移転が進んでいるものの、高付加価値製品の製造ライン増強のため、機械、電機設計職など高度人材の募集も増加傾向にあります。
 
【求職者の動向】
 1人っ子政策が廃止されたことにより、各省の企業で女性の産休、育休期間の延長制度を充実させています。そのため、各企業では女性社員の産休中の代替要員を補填するため、男性候補者の採用が増加傾向にあり、それを見込んで男性の登録者が増加傾向にあります。日本語が話せる男性候補者は非常に希少な人材であるため、業界問わず日系企業の中で引く手あまたの状態で、日本語能力を有する男性の候補者は転職に非常に有利な状態です。(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)