日本人はなぜエアコンの温度設定で「28度」にこだわるのか=中国メディア

日本人はなぜエアコンの温度設定で「28度」にこだわるのか=中国メディア

標高や緯度の高い地域を除く、中国の都会の夏は非常に暑い。その一方で、建物の中は冷房がガンガン効いている。暑がりには嬉しいが、冷え症持ちだとかなりキツい。中国メディア・今日頭条は27日「日本人はどうしてエアコンを28度に設定するのか」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 標高や緯度の高い地域を除く、中国の都会の夏は非常に暑い。その一方で、建物の中は冷房がガンガン効いている。暑がりには嬉しいが、冷え症持ちだとかなりキツい。中国メディア・今日頭条は27日「日本人はどうしてエアコンを28度に設定するのか」とする記事を掲載した。
 
 記事は「夏場、中国にはエアコンの設定温度を22度、さらには20度以下に設定したがる人がいる。しかし日本では、多くの機関において設定温度を28度にするよう定められているのだ」と紹介したうえで、日本人が28度という設定温度にこだわる理由を説明している。
 
 1点目は、エネルギーの節約につながること。「日本はエネルギーを輸入に頼っている国。エアコンの温度を下げれば消費電力も多くなるので、多くの企業などでオフィスの空調温度を28度以上にするよう求めているのだ」とした。
 
 2点目は、26−28度が人体にとって健康かつ快適であることを挙げた。高齢者は温度が低すぎると血管系の発作を起こしやすくなるほか、室内外の気温差が大きくなると風邪をひきやすくなると解説した。そして3点目は、子どもたちにとって28度前後が適温であることとした。家庭で活動する際にも28度前後が適切な温度、とのことである。これらはあくまで記事の説明であり、事実に即しているとは限らない。
 
 記事は、中国もエネルギー不足が問題になっており、資源の節約が叫ばれていることから、日本人の節約意識に学ぶべきであると呼びかけている。
 
 確かに日本ではこれまで「冷房の設定温度は28度」との呼びかけが盛んに行われてきた。しかし昨年あたりから「28度最適説」に対する疑問の声が高まっている。冷やし過ぎは当然ながら資源の面でも健康面でも禁物だが、環境や体調に合わせたこまめな温度調整が必要だ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)