こんなものまで食べるなんて!日本人は食物連鎖の頂点に立っているに違いない=中国

こんなものまで食べるなんて!日本人は食物連鎖の頂点に立っているに違いない=中国

日本の料理は健康的で見た目にも美しいが、なかには外国人がぎょっとする食べ物もあるようだ。中国メディアの今日頭条は27日、「外国人が驚く10の食べ物」を紹介し、「日本人は食物連鎖の頂点に立っているに違いない」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の料理は健康的で見た目にも美しいが、なかには外国人がぎょっとする食べ物もあるようだ。中国メディアの今日頭条は27日、「外国人が驚く10の食べ物」を紹介し、「日本人は食物連鎖の頂点に立っているに違いない」とする記事を掲載した。
 
 中国でも日本式ラーメンのチェーン店や牛丼チェーン店のほか、最近では居酒屋風の店が増えている。中国人の間でも和食の人気が高まっているが、記事は「和食はいつでも見るからに精緻で魅惑的で、常にあこがれの的だ」と称賛した。
 
 しかし、なかには多くの外国人が受け入れられないような日本の料理もあるという。記事がまず紹介したのは「白子焼き」だ。白子は魚類の精巣であり、それを知るとげんなりするようだが無理はないかもしれない。また、「イナゴの佃煮」、「馬刺し」も食用になるとは思えないようだ。さらに、定番の「納豆」については、においが我慢ならないとしたが、この栄養価の高い発酵食品は、食べ慣れるとむしろ病みつきになるおいしさで、この良さが分からないのは残念なことだ。
 
 さらに、「ふぐ」、「はちのこ」、「ざざむし」のほか、「イカの塩辛」を挙げた。これは、魚介類の身や内臓などを加熱することなく塩漬けにした発酵食品で、発酵させることによりうま味と栄養価が高まるのだが、生の魚介類を塩漬けにしているということが受け入れられないようだ。記事はさらに、臭みが強いうえに見た目も気持ちが悪い、と率直に感想を述べた。
 
 最後に、もっと意味が分からないのは「シロウオの踊り食い」だと指摘。生きたままのシロウオに醤油をかけて食べると紹介し、活きがよく跳ね続ける小魚を飲み込める人がいるのか、と信じられない様子で伝えた。
 
 飛ぶものは飛行機以外、四つ足のものは机と椅子以外なんでも食べるとまで言われる広東人ならともかく、多くの中国人にとって日本人の食習慣のなかには驚くものが少なくないようだ。食文化の違いというのは実に興味深いものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)