日本旅行に向かない中国人というのは、一体どんな人たち? 中国ネットユーザーが大議論

日本旅行に向かない中国人というのは、一体どんな人たち? 中国ネットユーザーが大議論

日本を訪れる中国人観光客の数は近年急速に増えているが、ほとんどが富裕層や中間層であり、決して中国の全社会層に浸透した訳ではない。また、経済的な理由以外にも「日本旅行に向かない人」というのがいるようである。中国メディア・今日頭条ではこのほど「どんな人が日本旅行に向かないか」という質問スレッドが立ち、複数のユーザーが回答を寄せている。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる中国人観光客の数は近年急速に増えているが、ほとんどが富裕層や中間層であり、決して中国の全社会層に浸透した訳ではない。また、経済的な理由以外にも「日本旅行に向かない人」というのがいるようである。中国メディア・今日頭条ではこのほど「どんな人が日本旅行に向かないか」という質問スレッドが立ち、複数のユーザーが回答を寄せている。
 
 まず1人目のユーザーは「行きたいという思いがあれば、みんな向いていると思う」としたうえで、「言語能力が弱い人」、「経済能力が低い人」、「日本料理に興味がない人」、「複雑な交通を理解できない人」という4点を挙げた。日本料理は味が薄く、生物が多いため、興味がなければ食べつけない恐れがあるとのことだ。
 
 2人目は「日本は古来より訪れるに適した国だったが・・・」という前置きをしたうえで「日本に恨みを持つ人」、「愚昧で無知な人」、「自分を厳しく律している人」、「好戦的な人」、「抗日英雄」、「日本の飲食文化に抵抗がある人」としている。その一方で、こういった人たちこそ日本を訪れて今の日本社会を感じ、客観的に日本について見るべきなのだと論じている。
 
 3人目は「その質問をする前にまず、どうしてこのような質問が出てくるのかをはっきりさせる必要がある」とし、「個人的に見聞きし経験した状況から言えば、日中間の民間の往来は友好的かつ頻繁だ。実際日本人の多くは中国人との付き合いを望んでいる。それなのに、中国には事実を知らない人がいて、ネット上の不確かででたらめな情報に惑わされ、扇動されているのだ」と指摘。日本に行ける人はどんどん行くべきであり、時間や費用など種々の理由で行けない人はまず客観的で権威のある書籍を多く読み、日本について知るべきだとの持論を展開した。
 
 時間や費用の問題など「行きたくても行けない」人を除く、「日本旅行に向かない人」ほど日本に行ってみるべきだという指摘は的確だ。実際に行ってみて日本への「恨み」が増幅し、日本のことがさらに嫌いになったというのであれば、それは仕方ない。しかし、自身で体験することなく日本に対する偏見を抱き、何でもかんでも「ディスる」のは、残念でならない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)