中国の芸能人は何故「重大なリスク」を冒してまで日本を訪れるのか=中国報道

中国の芸能人は何故「重大なリスク」を冒してまで日本を訪れるのか=中国報道

芸能人にとって、好感度やネット上での評判が大切なのは中国も同様だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、売国奴と批判されるリスクを冒してまで日本を訪れる中国人の芸能人たちについて「それほどまでに日本には魅力があるのか」と問う記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 芸能人にとって好感度やネット上での評判も大切なのは中国も同様だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、売国奴と批判されるリスクを冒してまで日本を訪れる中国人の芸能人たちについて「それほどまでに日本には魅力があるのか」と問う記事を掲載した。

 歴史的な背景から今でも反日感情の見られる中国では、芸能人が日本を旅行したとなれば、その人気にも大きな影響を与えることは必至だ。記事は「多くの芸能人たちは日本に好感を寄せながらも、同時に自身の好感度が下がることを非常に恐れている」と伝える一方で、日本旅行を好み、何度も日本をプレイベートで訪れている中国の芸能人が数多く存在することは「多くの中国人ネットユーザーたちに既に知られている」と指摘した。

 日本を訪れる中国人旅行客が増えているなか、中国の芸能人たちが日本の空港で入国審査に並んでいる姿や、東京の街中で買い物をしている姿などが発見され、写真を撮影されてネット上に掲載される事例は確かに増えている。このように好感度に関わるリスクを冒してまで、中国の芸能人が日本を訪れるのは、一体何故なのだろうか。

 記事はまず、日本製品には大きな魅力があるとし、中国国内からも取り寄せることはできるが、やはり「自分で買うのが一番安心できる」と指摘。買い物のために日本を訪れる芸能人は少なくないとした。

 また「日本には多くのファッションブランドがあり、中国国内では販売されていない物も多くある」と推測した。ファッションやトレンドに敏感な芸能人たちにとっては、日本を訪れてこそ得られる刺激が多くあるのかもしれない。ほかには「桜の景色や100年以上の歴史を持つ木造の家屋などから日本の伝統文化を感じ取ること」や、食においても「日本にはミシュランガイドに載る店の他に、世界各国の料理を楽しめる店もあり」充実しているとしている。

 どんなに日本に行きたいと思っても、訪れる際には自身の好感度を下げるリスクを冒さないといけないというのは、中国の有名人にとって実に悩ましいことだろう。それでも訪日する有名人や芸能人が後を絶たないというのは、それだけ日本に魅力があるということだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)