「すぐ発火する中国製」と「10年壊れない日本製」電気フ?ラク?を分解検証してみた=中国

「すぐ発火する中国製」と「10年壊れない日本製」電気フ?ラク?を分解検証してみた=中国

国によってコンセントのフ?ラク?は形状が異なる。日本は基本的にAタイフ?といわれる1種類のみた?か?、中国て?はAタイフ?のほかにIタイフ?なと?、数多くの形状のフ?ラク?か?使用されている。しかし、日本と中国のフ?ラク?の違いは、目に見える形状た?けて?はないようた?。。(イメージ写真提供:123RF)

 国によってコンセントのフ?ラク?は形状が異なる。日本は基本的にAタイフ?といわれる1種類のみた?か?、中国て?はAタイフ?のほかにIタイフ?なと?、数多くの形状のフ?ラク?か?使用されている。しかし、日本と中国のフ?ラク?の違いは、目に見える形状た?けて?はないようた?。

 中国サイトの特売網はこのほと?、「すく?に発火」する中国のフ?ラク?と比へ?て、日本のものは質か?良く、「発火しないし、10年使用しても壊れない」と称賛する記事を掲載した。

 中国のコンセントはフ?ラク?を差し混んでも緩いことか?多く、使用すれは?するほと?緩くなることがある。そのためか、「発火」することも少なくなく、購入に際し非常に慎重にならさ?るを得ないという。て?は、日本と中国のフ?ラク?はと?こに違いか?あるのた?ろうか。

 記事は、この2者を比へ?るために分解してみたという。その結果、外から見てわかる違いと、使用している材料とに違いか?あったとしている。ます?、見てわかる違いとして「フ?ラク?の金属部分に穴」か?あると指摘した。日本て?はこれか?標準として規定されているため、市場に出回るものはすへ?て穴か?開いているか?、中国て?はこうした決まりか?ない。穴か?開いているものもあるか?、それは生産時にたまたま開いたた?けた?という。

 て?は、日本のフ?ラク?にある穴にはと?んな用途か?あるのた?ろうか。記事は、フ?ラク?を差し込むと、内側の突起部分か?穴に引っかかり外れにくくなっていると伝えた。さらに、もう1点の違いは「フ?ラク?に使用されている金属の違い」た?。日本て?は、弾力性に優れ、強度か?あるリン真鍮を使用しているか?、抜き差しを繰り返すフ?ラク?に適していて、発火しにくい特性か?ある。しかし、中国のものは硬くて弾力性の少ない銅製のフ?ラク?を使用しているケースが多いため、すく?に緩くなってしまうと指摘した。

 記事は、中国のメーカーも進歩しているとしつつも、生活を便利に、また安全にする製品の開発・生産の面て?日本は確かに中国か?学ふ?に値するものを持っていると称賛し、中国にもより質の高いフ?ラク?・コンセントか?必要た?と力説した。見えないところにまて?安全・安心にこた?わる日本製品は良いお手本になっているようた?。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)