訪日して実感「日本人は真面目で勤勉」という認識は「間違っていなかった」=中国

訪日して実感「日本人は真面目で勤勉」という認識は「間違っていなかった」=中国

中国では「日本人は真面目で勤勉」だという認識が一般的に存在するが、果たしてこの認識は真実なのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客の見解として、訪日中に目にした日本人の態度から「真実の日本人」を紹介する記事を掲載した。(イメーシ?写真提供:(C)phurinee/123RF)

 中国では「日本人は真面目で勤勉」だという認識が一般的に存在するが、果たしてこの認識は真実なのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客の見解として、訪日中に目にした日本人の態度から「真実の日本人」を紹介する記事を掲載した。

 記事は、これまでに何度か日本を訪れたことがあるという中国人の見解として、訪日中に見た、あるいは接した日本人の態度を通じて、「真実の日本人」の姿を伝えている。

 たとえば東京駅の新幹線ホームで見た車内販売員の女性たちは「真夏だというのにしっかりと制服を着用し、その制服には少しも乱れたところはなかった」と紹介。また、街中で見たマンションのモデルルームを案内していた男性も「真夏でも、やはりスーツを着用し、革靴を履いていた」と紹介した。

 さらに、観光地では人力車をたびたび見かけたとしつつ、「肉体的には大変だろうが、笑顔を見せながら仕事をしていた」と驚きを示したほか、日本では様々な場所で「働く高齢者」の姿を目にしたと指摘。中国では定年退職後も働く人は稀で、退職後は悠々自適の生活をしたいと考えている人が多いため、日本人が年を重ねても働き続けることは大きな驚きであることを紹介した。

 記事は「日本滞在中に目にした日本人は、スーツを着用して働く人もそうでない人も、自分の仕事に責任を持ち、一生懸命働いていた」と指摘。日本人の日常生活は「決して楽そうではないように見えた」としながらも、「日本人は真面目で勤勉」という認識は「決して間違っていなかった」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメーシ?写真提供:(C)phurinee/123RF)

関連記事(外部サイト)