お前たちが立候補しないから・・・2028年の五輪開催を喜ばない米国民、中国に八つ当たり

お前たちが立候補しないから・・・2028年の五輪開催を喜ばない米国民、中国に八つ当たり

国際五輪委員会(IOC)は先月、2024年の夏季五輪をパリで、28年をロサンゼルスで開催することを決定した。中国メディア・今日頭条は17日「ロスでの五輪開催に、米国のネットユーザーから中国のせいだとの批判が出ている」とする記事を掲載した。(イメーシ?写真提供:(C)libertos/123RF)

 国際五輪委員会(IOC)は先月、2024年はパリで、28年はロサンゼルスで夏季五輪を開催することを決定した。中国メディア・今日頭条は17日、「ロスでの五輪開催に、アメリカのネットユーザーから中国のせいだとの批判が出ている」とする記事を掲載した。

 記事は「数年前までは、五輪の開催は絶対的な栄誉であった。しかし近年は、五輪開催の赤字がますます深刻化しており、多くの国が名乗りを挙げようとしなくなった。来年の平昌冬季五輪も今のところ入場券の売れ行きは悲惨な状況で、中国人頼みになっている。16年のリオ五輪では開催後に多くの設備が損壊し、ブラジル政府は重い負担を抱えることになった」と論じた。

 そのうえで、「アメリカの一部ネットユーザーは、28年のロス五輪開催決定を知ると大きな不満を抱いた。アメリカはすでに五輪で自らの力をアピールする必要はない。中国が招致に立候補しないから、IOCがロスに開催権を与えてしまったではないか、というのが彼らの言い分だ。しかしわれわれはそもそも24年にも28年にも立候補していないし、立候補した多くの都市が撤退するなかでパリとロスだけが残ったためにIOCが2都市の開催を決めたにすぎず、中国とは何の関係もない。しかも、IOCはロスに18億ドルの援助金を支給するではないか」と反論している。

 記事はまた、今後も五輪招致をする都市が出てこない異常事態が発生する可能性があり、IOCは開催地を固定化するなどの変更案を検討していると紹介。その動きのなかで中国が大きな存在を見せており、バッハIOC会長が中国・アリババの馬雲(ジャック・マー)会長と接触して資金提供を求めたといった情報や、広州や上海で五輪を開催する可能性があるといった情報が流れていると伝えた。

 国力を示すため、ビジネスや雇用促進のために五輪を開催するという時代はすでに過去のものになりつつある。五輪が純粋な「スポーツの祭典」に戻る日がやってくるかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメーシ?写真提供:(C)libertos/123RF)

関連記事(外部サイト)