日本人は「何でも小型化」? 日本ではなぜ軽自動車が売れるのか=中国

日本人は「何でも小型化」? 日本ではなぜ軽自動車が売れるのか=中国

日本車は世界のみならず、中国でも非常に人気が高く、中国国内の街中では多くの日系車を見かけることができる。だが、日本国内で売れる日本車と中国国内で売れる日系車では本質的な違いがある。(イメージ写真提供:(c)encha/123RF)

 日本車は世界のみならず、中国でも非常に人気が高く、中国国内の街中では多くの日系車を見かけることができる。だが、日本国内で売れる日本車と中国国内で売れる日系車では本質的な違いがある。

 中国メディアの愛極客は26日、自動車大国である日本では軽自動車が優れた車と認識されていることを伝え、「日本人は何でも小さければ小さいほど良いと考えているのだろうか」と疑問を投げかけている。

 好まれる車は国や地域によって異なるものだ。記事は、欧州ではステーションワゴンが人気であるように、中国人は「大きい自動車」を好み、日本人は「小さい自動車」を好むようだと分析。その「小さい自動車」の代表こそ軽自動車であり、日本独特の規格である軽自動車は中国人の感覚からすれば「あまりに車体が小さすぎて受け入れられない」と紹介した。

 だが記事は、多くの中国人は「日本で軽自動車が売れるのは日本人が小さい車を好むため」と考えがちだが、これは正確ではないと指摘。車体は小さく見えるが、車内空間は非常に広いなど使い勝手が良く、日本では軽自動車に対して減税措置が設けられていたり、自動車保険も安く設定されていたりすることを紹介。日本で軽自動車が多くの人に受け入れられているのは、日本人が小さい車を好むだけでなく、軽自動車が優遇された存在であるためだと紹介した。

 中国では軽自動車はほぼ見かけない。なぜなら、多くの人がメンツを気にして、大きな自動車に乗りたいと思っているからだ。中国人の消費行動においてメンツという障壁が存在する限り、日本の軽自動車が中国で爆発的に売れる見込みは薄いと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(c)encha/123RF)

関連記事(外部サイト)