爆買いする中国人まで・・・日本で行われた「地味なハロウィン仮装」にざわめき立つ中国ネットユーザー

爆買いする中国人まで・・・日本で行われた「地味なハロウィン仮装」にざわめき立つ中国ネットユーザー

今年も10月31日のハロウィンがやってきた。日本ではすっかり「仮装の日」として若者を中心に定着した感があり、今年も渋谷のスクランブル交差点を中心に、各自趣向を凝らした様々な仮装が見られた。中国のネットユーザーも日本人の派手な仮装に注目したが、一方でじわじわくる「地味なハロウィン仮装」にも関心を示している。(イメージ写真提供:123RF)

 今年も10月31日のハロウィンがやってきた。日本ではすっかり「仮装の日」として若者を中心に定着した感があり、今年も渋谷のスクランブル交差点を中心に、各自趣向を凝らした様々な仮装が見られた。中国のネットユーザーも日本人の派手な仮装に注目したが、一方でじわじわくる「地味なハロウィン仮装」にも関心を示している。

 中国版ツイッター・微博で日本の情報を発信しているアカウントは30日、29日の夜に渋谷で行われた「地味な仮装限定ハロウィン」イベントの様子を紹介。通常は派手さや奇抜さを競い合う色彩の強いハロウィン仮装だが、このイベントでは参加者がそれぞれ「生活において特にありふれている人」に仮装していると伝えた。

 紹介された写真では、「娘の荷物を持つ父親」、「散歩の途中でイヌに逃げられた飼い主」、「大学7年生の先輩」、「SNSで知り合った男に初めて会いに来た女」、「運動会のお母さん」「今日会社を退職した人」、「ホテルの朝食ビュッフェを取る人」など、平凡かつ地味極まりないながらもそれ故に思わずクスッと笑ってしまいそうな仮装をした人びとが映っている。中には、サングラスやメガネを掛け、ユニクロの袋を持った「爆買い中国人」の女性3人組も見られた。

 地味なハロウィン仮装を見た中国のネットユーザーは「生き生きしてる」、「ははは、おもしろい」、「発想がすごいわ」、「参加してみたい」、「こういうコスプレが好き」、「笑いすぎて肝臓が痛い」、「何とも言えないおかしさがある」などの賞賛コメントを寄せた。また、「爆買いする中国人」についても受けがよく、「リアルだ」との感想も見られた。

 派手さが勝負のハロウィン仮装を逆手にとった反骨心、そして各種のハイクオリティな仮装を見せてくれた参加者の発想に、中国のネットユーザーたちは改めて「日本人の頭の中」に大きな感銘を受けたようである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)