文句があるなら行ってから言え! 日本製品を嫌う中国人に限って「訪日経験なし」=中国

文句があるなら行ってから言え! 日本製品を嫌う中国人に限って「訪日経験なし」=中国

中国人の日本製品に対する感情はなかなか複雑なようだ。品質の良い日本製品を好む一方で、歴史問題ゆえに日本製品が大嫌いという人も少なからずいる。中国メディアの今日頭条は13日、「中国東北人の日本製品に対する愛と憎しみ」と題して、実際の日本人はいかにマナーが良くてサービスの質が高いかを紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人の日本製品に対する感情はなかなか複雑なようだ。品質の良い日本製品を好む一方で、歴史問題ゆえに日本製品が大嫌いという人も少なからずいる。中国メディアの今日頭条は13日、「中国東北人の日本製品に対する愛と憎しみ」と題して、実際の日本人はいかにマナーが良くてサービスの質が高いかを紹介する記事を掲載した。

 自らが東北人だというこの記事の筆者は、日本製品が嫌いという人に限って日本に行ったことがないと指摘。実際に日本に行って見てから評価するよう勧めた。筆者自身は2回日本を訪れているが、1回目の訪問時に「雷峰の精神」を見つけたという。

 雷峰とは、人民に奉仕する毛沢東思想を体現したと称賛されている中国の人物だ。中国ではスローガンばかりが先だって実際には廃れているのが現状だが、その「雷峰の精神」が日本では実践されているのだという。

 記事は、日本のバスの運転手がまさにこの雷峰だと紹介。筆者の参加したツアーでは1時間もスケジュールから遅れが生じたにもかかわらず、辛抱強く待っていたばかりか、チップを取ることも急かすこともせず、冷静に会議を開いてスケジュールの調整をしてくれたと紹介。申し訳なく思うとともにすっかり感心してしまったという。日本人は皆仕事態度が真面目であり、日本に行くときには心の準備が必要なほどだと称賛した。

 記事は結びに、民族感情ゆえの日本製品ボイコットを戒め、むしろ高品質で価格の安い中国製品が日本製品を圧倒する日が来るのを期待していると締めくくった。一度も行ったことのない国やその商品を悪く思うのは残念なことである。日本への旅行者が増えることで、日本と日本製品への偏見がなくなることを期待したい。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)