爆買いブーム終焉後も日本旅行がやめられない「あるモノへの崇拝心」=中国メディア

爆買いブーム終焉後も日本旅行がやめられない「あるモノへの崇拝心」=中国メディア

毎年たくさんの中国人観光客が日本を訪れている。以前はほとんどショッピングだったその理由や目的は、ますます多様化しているようだ。中国メディア・今日頭条は17日「また中国人観光客が日本旅行をする言い訳が1つ出てきた」とする記事を掲載した。

 毎年たくさんの中国人観光客が日本を訪れている。以前はほとんどショッピングだったその理由や目的は、ますます多様化しているようだ。中国メディア・今日頭条は17日「また中国人観光客が日本旅行をする言い訳が1つ出てきた」とする記事を掲載した。

 記事は「日本はアジアで高度に発展した国。島国ではあるが急速に経済発展を遂げた。そして、歴史にしても文化にしても世界各地に大きな影響を与えてきた」と紹介。また「多くの中国人が日本を鼻で笑うような態度を取るが、それでも中国人観光客の日本旅行に対する決心を阻むには至らない。日本の進んだ製造業は日本製品を非常に有名にし、中国人観光客たちはみんな日本を旅行して、日本の発展のために貢献をするのだ」としている。

 一方で「どうして中国人がこんなに日本に行きたがるかが今ひとつはっきりしないという人も、少なくない。しかしそうであっても認めざるをえないのは、日本の生活レベルがとても高く、街ではほとんどゴミ箱を見かけないほか、訪れた人に清潔できれいに整っている感覚を覚えさせるという点だ」と説明した。

 さらに「一番重要なのは、日本ではトイレさえとても豪華であるということ。普通の公共トイレでも美しい音楽が流れていて、便座は季節の変化に合わせて温度が調節されている。そして自動温水便座が備えられていて、多くの観光客を試したい衝動に駆らせているのだ」と伝えている。

 日本の便座を「爆買い」する中国人観光客は減ったようだが、日本のトイレに対する崇拝ぶりは相変わらずのようである。1日の生活や、旅行中においてトイレに滞在する時間は決して長くない。しかし、その短い時間の体験が、生活の質や旅の印象を大きく左右するのだ。(編集担当:今関忠馬)

関連記事(外部サイト)