中国人が日本で働きたかったら「これだけの覚悟が必要になる」=中国報道

中国人が日本で働きたかったら「これだけの覚悟が必要になる」=中国報道

経済の発展と同時に中国でもグローバル化が急激に進んでおり、海外で働くことを考えている中国人も少なくない。だが、海外で働くということは、自国で暮らしながら働くこととは違った覚悟が必要だ。中国メディアの今日頭条は19日、「日本で働くために必要な覚悟」について紹介する記事を掲載し、日本で仕事をするうえで考慮する必要のある事物について考察している。(イメージ写真提供:123RF)

 経済の発展と同時に中国でもグローバル化が急激に進んでおり、海外で働くことを考えている中国人も少なくない。だが、海外で働くということは、自国で暮らしながら働くこととは違った覚悟が必要だ。中国メディアの今日頭条は19日、「日本で働くために必要な覚悟」について紹介する記事を掲載し、日本で仕事をするうえで考慮する必要のある事物について考察している。

 まず記事は、「時間を守る」必要があることを紹介している。日本では時間厳守が重要となるが、「遅刻はどんな言い訳をしても許されないこと」であると紹介した。時間におおらかな国は世界にたくさん存在し、中国も時間に厳しいことはない。しかし、日本で仕事をするとなれば、あらゆるスケジュールを時間どおりに進めることは必須であり、確かにこれは気をつけなければならない点と言えるだろう。

 さらに、「仕事を休まない強靭な体」、「報告・連絡・相談」、「お酒に強い肝臓」なども必要であることを紹介した。これらもある意味で日本独特のものかもしれない。仕事を頻繁に休む人は「同僚に迷惑をかける人」というレッテルを貼られてしまう可能性がある。また、「報告・連絡・相談」は日本の組織で働く場合は新入社員の頃に徹底的に教えられることだが、中国では「報告・連絡・相談のせいで日本人は仕事が遅い」という意見も見られる。中国では各社員の裁量の範疇でどんどん仕事を進めるケースが多く、逐次報告というのはあまり見られない。

 続けて記事は、日本での収入は中国の数倍あるので「厚い財布」を準備しておくことが必要であると紹介する一方、日本は生活費が高いので、稼いだお金はすぐになくなってしまうとした。ほかにも、「常に向上心を保つ」ことや「こびへつらいを覚えること」、また「協調性」も必要だと紹介している。

 最後に記事が紹介しているのは、「会社に命をささげる覚悟」が必要であること強調し、日本では「仕事に忙殺され、お金はあっても使う時間がなくなる」可能性があることを肝に銘じ、覚悟を持って働くことが必要であることを紹介した。

 中国では会社に命をささげるという考えはなく、少しでも給料が良ければすぐに転職する人が多数派だ。中国人が日本で働くには多くのハードルを乗り越えなければならないことが見て取れる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)