中国でネット通販に駆逐されるリアル店舗、日本はなぜ生き残れるのか=中国

中国でネット通販に駆逐されるリアル店舗、日本はなぜ生き残れるのか=中国

中国では毎年11月11日は「独身の日」として、各通販サイトが大規模なセールを行う。中国のネット通販最大手であるアリババ(阿里巴巴)グループは今年、11月11日のセールだけで約1682億元(約2兆8660億円)の売り上げを記録した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では毎年11月11日は「独身の日」として、各通販サイトが大規模なセールを行う。中国のネット通販最大手であるアリババ(阿里巴巴)グループは今年、11月11日のセールだけで約1682億元(約2兆8660億円)の売り上げを記録した。

 中国では消費者にとってネット通販はもはやなくてはならない存在となっているが、その一方で実店舗を経営する小売店にとっては客を通販に奪われている格好となっており、廃業や倒産に追い込まれる小売店も少なくない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国ではネット通販によってリアルの小売店舗が廃業に追い込まれていると紹介する一方、日本では今なお元気なリアル店舗が多いと伝え、この差は一体何に起因するのかと疑問を投げかけている。

 記事は、日本の商業施設は単にモノを売るだけの場所ではなく、ショッピングと娯楽が融合していて、映画や食事、さらには教育施設まで融合している商業施設も多いと指摘。買い物だけでなく、遊ぶこともでき、人びとの生活にしっかりと溶け込んでいるのが日本の商業施設であると論じた。

 続けて、日本の商業施設の模倣をして「ベビーカー」や「携帯電話の充電サービス」を用意する商業施設が中国で見られると紹介する一方で、表面的な模倣では顧客は戻ってこないとし、「顧客のニーズ」を満たすという本質に立ち返らない限り、ネット通販から客を取り戻すことは不可能であると指摘した。

 さらに記事は、日本の商業施設では「偽物」や「海賊品」は絶対に販売されておらず、仮に商品に欠陥などがあれば交換や返品、補償など誠意ある対応を受けることができると指摘。こうした対応は中国では見られないことを指摘し、日本のリアル店舗の運営から中国の店舗が学べることは数多く存在すると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)