信じられないかもしれないが本当だ! ゴミ1つ落ちていない日本=中国報道

信じられないかもしれないが本当だ! ゴミ1つ落ちていない日本=中国報道

中国では自分の家の中や自分のテリトリーは清潔に保つが、公共の場所へ一歩出た途端、周りを清潔に保とうとする概念がどこかへ行ってしまう人が多い。それゆえに、ゴミをポイ捨てしたり、痰や唾を平気で吐いたりする人が普通に見受けられる。日本人と中国人では公共の場所に対する考え方が違っているのだ。中国メディアの今日頭条は12日、「日本は潔癖すぎる国だ」と伝えつつ、日本と中国の違いについて紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では自分の家の中や自分のテリトリーは清潔に保つが、公共の場所へ一歩出た途端、周りを清潔に保とうとする概念がどこかへ行ってしまう人が多い。それゆえに、ゴミをポイ捨てしたり、痰や唾を平気で吐いたりする人が普通に見受けられる。日本人と中国人では公共の場所に対する考え方が違っているのだ。中国メディアの今日頭条は12日、「日本は潔癖すぎる国だ」と伝えつつ、日本と中国の違いについて紹介している。

 記事はまず、日本を旅行で訪れたことのない中国人は、日本の街中にはまったくゴミが落ちていないと言われても「信じることができないはず」と主張し、日本の一般的な住宅街の写真を掲載。その写真に写っているのはごく普通の家が並ぶ住宅街だが、確かに道路にはゴミ1つ落ちていない。

 続けて記事は、日本では各市町村でゴミの分別方法が定められていて、住民はその指示に従って、専用のゴミ袋に入れて、決められた曜日と時間にゴミを処分しなくてはならないことを紹介している。では、日本ではなぜこんなにもゴミの分別が厳しく管理されているのだろうか。

 記事は「環境保護意識」と「環境への配慮」が理由の1つであると紹介している。日本では小学校の頃からゴミをどのように分別して処理するかとう教育がなされていると伝え、日本ほど環境に配慮する国は世界的に見てもそう多くはないことを強調した。また、細かい規則を造りそれを厳格に守ろうとする国民性も、日本でゴミ分別が徹底して行われている理由だと論じた。

 一方で、日本では何かを購入した際、商品が包装紙に包まれ、手提げ袋も持ち歩き用のほかに手渡し用まで用意されるなど、「包装が過剰」な傾向があるとし、過剰包装は環境に優しくないのではないかと疑問を呈した。

 中国では、ゴミを分別して処分する必要はない。いつでも、何でも、どれだけでも捨てることができる。だが、ダンボールや紙、空き瓶や空き缶などの資源ゴミの回収を仕事としている人たちも存在し、いたるところに設置してあるゴミ置き場から資源ゴミを回収している。そんな中国の人たちが、日本のゴミの分別について知ったら非常な驚きと共に、窮屈な社会だと感じるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)