中国経済は「まだ1995年当時の日本にも届いていなかった」=中国報道

中国経済は「まだ1995年当時の日本にも届いていなかった」=中国報道

米誌フォーチュンは毎年、世界の企業を対象とした番付「フォーチュン・グローバル500」を発表しているが、中国メディアの今日頭条は18日、「フォーチュン・グローバル500」を通じて日本と中国の経済を見ると「中国経済はまだ1995年当時の日本にも届いていないことが分かる」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 米誌フォーチュンは毎年、世界の企業を対象とした番付「フォーチュン・グローバル500」を発表しているが、中国メディアの今日頭条は18日、「フォーチュン・グローバル500」を通じて日本と中国の経済を見ると「中国経済はまだ1995年当時の日本にも届いていないことが分かる」と論じる記事を掲載した。

 中国経済の成長に伴い、中国からも「フォーチュン・グローバル500」に食い込む企業の数は増えている。だが記事は、1995年の「フォーチュン・グローバル500」では1位に三菱商事、2位が三井物産、3位が伊藤忠商事、4位が住友商事とベスト4を日本企業が独占したと紹介。

 95年はすでにバブル崩壊後であったことを強調したうえで、同年の「フォーチュン・グローバル500」には日本から149社がランクインしたが、中国はこれまでに「149社」という数字を超えたことは一度もないと指摘した。

 さらに、中国人であれば日本企業の往年の輝きは誰でも知っているはずだと指摘しつつ、「フォーチュン・グローバル500」の上位を独占するほど強かったとは知らなかったと主張。「フォーチュン・グローバル500」にランクインする日本企業の数は95年をピークに減少し続けているが、それでも17年には51社がランクインしたと論じた。

 また記事は、「フォーチュン・グローバル500」にランクインする企業の数は一国の経済力を示す縮図であるとし、中国の国内総生産(GDP)はすでに米国の60%ほどの水準まで増えているとしながらも、日本は最盛期で米国の70%ほどの水準まで迫ったと指摘。しかも95年には「フォーチュン・グローバル500」には日本から149社がランクインしたが、中国は17年の番付で115社しかランクインしなかったと指摘し、これだけの発展を遂げた中国だが、今もって95年当時の日本には届いていないとし、それだけ当時の日本はすごかったのだと論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)